タグ:日本と韓国 ( 49 ) タグの人気記事

好きなのに素直になれない

 韓国に関わると、楽しいことも多いのだがムカつくことも確かに多い。

 このうち、「楽しいこと」は、趣味や体験を同じくする者同士でしか盛り上がれない、いわば「内輪の話題」にしかならない。
 だから、韓流ポータルサイトならともかく私のこのブログとか>>コレカンみたいなサイトには、少数の「固定客」しかつかない。韓国嫌いな人に、韓国ってこんなに楽しいのよ〜、などといくらいっても、こびりついた嫌悪感を払拭するのは至難の業である。

 それに対して、「ムカつくこと」の原因は、そもそも「日本」対「韓国」という単純な図式に端を発することが多いので、ムカつきの感情は趣味趣向に関係なく、国民の多くに共有されやすい。嫌韓的なサイトには、ムカつきを解消しようと、多くの人が集まってくる。

 2週間ほど前だが、Yahoo!ニュースでこんな記事を見た。

【ソウル22日時事】22日付の韓国紙・中央日報に掲載された世論調査結果によると、「最も嫌いな国」として日本を挙げた回答が昨年の38%から57%に大幅に増加した。日本の中学校社会科の新学習指導要領解説書に日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)が明記されたことなどが背景にあるとみられる。

 これを読んで、またムカついた人はたくさんいると思う。オレだって嫌いだよ! と言いたくなった人も多いだろう。
 しかし、韓国ウォッチ歴20年の私が断言するに、韓国人の57%もの人が日本を「最も嫌い」だと、本気で思っているわけがない。

 韓国では、ベンツよりレクサスのほうが人気がある。最近の言葉で、個性的なファッションを「カンジファッション」、そういうファッションに対するほめ言葉として「カンジが出る」などと言うが、「カンジ」は日本語の「感じ」が語源である。独島(竹島)の嵐に見舞われたこの夏も、夏休み映画として劇場版のドラえもんとポケモンが評判だった。また、独島騒動のきっかけとなったニュースが流れた後でも、韓国Yahoo!の検索ワードとしては「ヤマモトモナ」の方がランクが上だった(この騒動も同じころ起こった)……。
 などなど、韓国人にとって「日本」がどれほど身近な関心事か、挙げればキリがない。韓国人自身も、身近すぎて普段は意識していないほどだと思う。

 ではなぜ「最も嫌いな国」に韓国人の57%もが「日本」と答えてしまうのか。
 アンケートがどのように行われたのかわからないが、ごく単純化していえばこれは、質問者に対して、見栄っ張りな韓国人が自分は愛国者であるというポーズをとっているにすぎない。
 戦争に負けた経験のない韓国人は、「愛国」という言葉に抵抗がなく、ウヨクからサヨクまで、老若男女を問わず、誰もが愛国者になりたがるのである。

 また、好きか嫌いかという「アンケートの答えとしての日本」は、あくまでもマスコミに登場する記者/政治家/知識人などの愛国主義的なフィルターを通して伝えられる「韓国人として嫌うべき日本」であって「一般の韓国人の日常に身近にあふれる日本」とは別物だということもできる。
「韓流ファンが憧れる韓国」と「現実の韓国」とは似て非なるものである、ということと共通するかもしれない。

 このあたりの心理について、同じころに読んだ下記のコラムも興味深かった。

>>「嫌い」「好き」と背中合わせ−鹿島茂


 曰く、「嫌い」もまた「好き」の別バージョンにほかならないのである。

 要するに、上記のようなアンケート結果について、親韓派の皆さんは、何も心配することはない。と、こういう結論です。
[PR]

by kobugimori | 2008-10-05 10:41

とほほ…

 最近の韓国芸能界は自殺がブームだが、私はそもそも芸能人の名前を知らないのであまり興味がなかった。
 ところが、私が留学したころの懐かしいオカズであるチェジンシルまで自殺してしまったのはさすがにショックがでかい。
 笑顔が朗らかでかわいらしくて、その顔を見た誰もがハッピーな気分になれるような人だったのに…。
 先ごろ自殺した男性タレントの自殺原因にからんで、悪質なうわさがネットに広まったことを苦にしていたらしい。
 こんなカリスマ的な人までが死んでしまって、さらに自殺者が増えないかと心配だ。

 それにしても、韓国にしろ日本にしろ、人心の荒廃はひどいね。
 
 故人の冥福と、残された子供の今後の幸せを祈ります。
[PR]

by kobugimori | 2008-10-02 16:26

バカヒュンダイ

 我が家に日産NOTEがやってきて一月たった。新車だからまだボディーがピカピカしてキレイで、鮮やかなターコイズが秋の空に映える。
 身軽にすいすいとよく走るし、エンジンの音が静かなのも良い。ただ、運転席回りやイスなどの内装は値段なりで、あんまりカッコ良くない。
 まだ遠くには行っていないので、高速道路を長く走るようなときに、安定感と安心感がすばらしかった前車ゴルフと較べてどうか? というあたりがちょっと不安ではあります。

 それはともかく、ヒュンダイの世界戦略車i30も、7月に日本に投入されて2カ月あまりがたった。その後どうなっているだろう、売れているのだろうか? と思ってヒュンダイに電話してみた。お客様センターみたいのがあるかと思ったがなさそうなので、サイトで見つけた本社のi30マーケティングチームというところに電話した。

 聞きたいことはいくつかあったのだが、電話に出た兄ちゃんは、受け答えに覇気がなく、やる気(売る気)もまったく感じられず、失望して聞くのをやめてしまった。具体的なことは最寄りのディーラーに聞け、というのだが、ディーラーがいくらがんばったとしても、本社がこれじゃあ……。
 私はもう、ヒュンダイジャパンを応援する気がなくなった。これからはこのブログで話題にすることもないだろう。でも最後に、リンクだけは貼っておくことにしよう。

>>ヒュンダイ i30


 ところでヒュンダイ好きのわたじゅんさん、その後どうしてますか? i30の乗り心地はどうですか?

 * * *

 うちは奥さんが新車を買ったばかりではあるが、私用にもう1台買うとしたら、新しいルノー トゥインゴが良い。特にGTは楽しそうだ、そのぶん値段は高いけど。

>>ルノー トゥインゴ


 それともう一つ「あまり欲しくはないが興味はある」のが、KiaのSOULだ(SEOULじゃないよ)。
d0075839_0574794.jpg
 このSOULやmorningなど、最近のKiaの小型車はデザインが意欲的だ。良いか悪いかはともかくとして、日本に上陸すれば、覇気のないヒュンダイよりは売れると思う。

>>Kia SOUL(韓国語)

[PR]

by kobugimori | 2008-10-02 01:00

自転車マンセー!

 자전거は웰빙な우리の라이프스타일に딱이에요!
 ということで、自転車通勤は韓国でも流行っているようだ。ハンガン沿いの自転車道路がうらやましいぞ!



※자출:漢字で自出=自転車出勤。

 渋滞する一般車両を横目に路線バスが専用レーンをスイスイ走り、道路と高架道路とで二重にフタをされていたのを全部とっぱらって、もともとあった川を長大な都心の公園として整備したウリナラであってみれば、ソウルにパリなみの自転車専用レーンが実現するのも遠くないかも。

オマケ:日本の自転車事情 일본의 자전거 사정



착한 우리 친구들! 절대로 흉내내지 말아요!
[PR]

by kobugimori | 2008-09-20 14:24

韓国vsキューバ

 濃いい国どうしの、濃いい試合でしたなぁ。

 9回裏の満塁のピンチに、韓国のキャッチャーが主審に抗議して退場になったのはいただけなかったけど、その後に変わった下手投げのピッチャーが、1アウトフルベースからバッターをダブルプレーにしとめてゲームセットとした瞬間には、私も鳥肌がたちましたわ。
 大国に虐げられた国同士の、ハンプリとチャジョンシムとをかけた、すばらしい試合だったと思う。あっさりした日本やアメリカとは、だいぶ違かった。

 日本チームは、私も断片的にしかわからないけど、星野監督の精神主義みたいのが、悪い方にばかり作用したんじゃないでしょうかね? 若い選手にも空回りだったみたいだし。
 また、そのあたりに日本的、というか軍国主義的なものを感じて、韓国からは必要以上に嫌われてしまったっつーのもあるんじゃないでしょうか?
 投手の起用とかから見て、星野監督自身も、最後には神風が吹くと信じてたのかもしれません、WBCのときみたいに。

 それと今回印象的だったのが、イ スンヨビの復活劇だ。ずーっと不振だったくせに、日本戦のいちばんおいしいところで復活しやがった! キューバ戦でも炸裂したし。 野球の神様は、彼を見捨ててなかったっつーことですな。
 巨人に復帰したら、日本でも活躍してもらいたいです。

 ともかく、おめでとうウリナラ! ウリ自慢のオカズが増えてよかったね!
[PR]

by kobugimori | 2008-08-23 23:49

奴隷根性

 私は、辛くておいしい韓国の食べ物や、キレイで愛想のよい韓国のお姉ちゃんが大好きなので、オリンピックなどでも、韓国を応援したい気持ちもなくはない。
 ところが、日韓戦ともなると、お互いにムキになって、負けた相手の健闘を讃えるようなさわやかさがない。単なるスポーツとして楽しんで見ることができない。
 特に、こういう記事を読むと、本当にうんざりする。ビールも食事もまずくなる。

>>'배알'도 없는 일본야구, "스스로 무덤 판 격"
[유코피아닷컴=정재호 기자]


 こんなん訳すのイヤなんで、すいませんが翻訳は各自でお願いします。

 一般に韓国では、知識人・政治家・新聞記者などがマスコミで何かを発表するときには、日本を見下そう、おとしめようという力が常にはたらく。
 以前にも書いた通りだが、上の記事もまず「日本はキューバより韓国とやるためにわざと負けた」という根拠不明の決めつけからはじまって、そこから連想されるすべてのことが「純粋でかよわいウリナラ」対「強大な力を持っているくせにずる賢く卑怯な日本」との闘い、という図式を描くことに使われる。
 たかが野球で、どうしてこんなことになるのか。

 要するに、こういう思考の持ち主は、解放から63年経っても、いまだに植民地的な奴隷根性から抜け出せていないんだ。日本を嫌っていながら、日本に勝つこと、日本を貶めることによってしか自尊心を保てない未熟児だ。
 しかも、自分は根拠のない妄想で記事をでっち上げるしか能がないくせに、血のにじむ努力でオリンピック出場を勝ち取った選手たちと自分とを、ずうずうしくも「ウリ」という言葉で一括りにしてしまう。
 まったくウリというのは便利な言葉だとつくづく思う※。
 また、上の記事の伝でいけば、次の日韓戦で、韓国が勝てばもちろん痛快さが増すだろうし、負けても、ホシノの狡猾さに負けたとか、ウリナラはまだ中学生だからとか(笑、だけどホントにこう書いてあるんだから!)、いろいろと言い訳が準備されているわけだ。
 植民地根性も便利なもんだ。

 * * *

 あー、私としたことが、くだらないもの読んでつい熱くなっちゃった。こんなもんのせいで野球はもう見る気がなくなった。勝っても負けてもイヤな気分になるだろうからだ。
 今回はもう韓国応援しねえ。どうでもいいやもう。

 それにしても、夏の夜の野球なんだから、ビールでも飲みながら、チアガール見物のついでに見るくらいがいいんじゃないですかね? 日韓野球もそんなふうに見たいんだけどなー。

 * * *

※まったくウリというのは〜=以前書いた「韓国人はなぜ人の話を聞かないのか」シリーズの第3段が、実はこの「ウリ」という言葉について、だったのだが、最近は暑くて頭が働かないので、涼しくなったらそのうちに。
[PR]

by kobugimori | 2008-08-22 00:24

戦争と平和

 十数年のつきあいのある友人の、お父さんが亡くなった。
 その方はもともと、黄海道(現在は北朝鮮)の、果樹園を所有するような裕福な家庭の出身だったのだが、朝鮮戦争ですべてを失い、親兄弟とは生き別れ、単身日本に逃げてきたそうだ。
 戦争からの逃避行と、異国でゼロから築き上げた生活と家庭。ワーキングプアでキビシいなどとブーたれる私とは、苦労のレベルが違いすぎる。
 子供たちはそれぞれ立派に育ったし、孫も生まれて晩年は幸せだったろうと思う。しかし結局、肉親との再会も、再び故郷の地を踏むことも、生きているうちにはかなわなかったわけだ。

 8月は、日本では戦争を振り返る季節でもある。
 私の近い親戚では幸いなことに、戦争で犠牲になった人がいない。
 ただ、私の母は戦時中は女子挺身隊として、学校に行けず工場で毎日働かされたそうだ。私が10代の反抗期のころ、けんかになるとよく「私がおまえくらいのころは空きっ腹を抱えて毎日工場で…」という身世打令(グチ)がはじまった。
 その母も、11年前にガンで亡くなった。
 また、私の家はもともとはかなり大きな地主だったらしいが、戦後の農地改革で没落し、坊ちゃん育ちの祖父や父はだいぶ苦労もしたらしい。
 祖父も父ももうずいぶん前に亡くなった。

 時の流れはどうすることもできない。戦争の体験者が毎年どんどん減ってゆく。
 人が亡くなるということは、実体験としての歴史が失われることでもある。失われた歴史は、あとに残されたものが想像力によって少しでも補うことをしなければ、まったくの「無」になってしまう。

 お盆と終戦記念日の重なるこの季節。
 工場で働く10代前半の、戦時中の私の母を想像する。学校にも行けず食事も満足にとれないまま毎日働かされたのは、何のためだったのかと考える。
 黄海道の冷たく透き通った空の下で、リンゴの木を見上げる友だちのお父さんを想像する。戦火に巻き込まれ、肉親と別れなければならなかったのは誰のせいなのかと考える。
 いくら考えたところで、私の頭では答えなど出るはずもないが、想像すること、考えることを止めることは、死んだ人を忘れることであり、歴史を無にすることである。

 日本のインターネットには、日本の歴史だけを賛美し、外国人を敵視・排斥する言葉があふれている。
 韓国の言論界は、ウリナラ=善/日本=悪という単純な二元論に支配されている。
 国の歴史も、個人の人生も、そんなに単純なものではないのに、単純化して分かった気になる。自分の頭で考えず、誰かの受け売りですます。孤立を恐れ、付和雷同する。
 こういう風潮も、歴史を無にすることである。死者に対する冒涜であるとさえいえる。

 …と、お盆でもあるし、今回はマジメに神妙に決めてみました。
[PR]

by kobugimori | 2008-08-14 13:08

韓国人はなぜ人の話を聞かないか−2

思考方式

 今回の話は、差別や偏見を助長しかねない話なんですけど、まー一般論としてですね、軽い気持ちで読んでください。

 韓国人が人の話を聞かない理由の2つめが、韓国人の思考方式だ。
 韓国人の話し方の特徴は、「私はこう思う、なぜならば……」「それはこうである、なぜならば……」というように、話をまず結論から始めて、理由をあとから述べるところにある。理由ばかりを並べて、結論は相手にゆだねる傾向がある日本人とは、正反対といっていい。

 韓国の新聞に出ている知識人のコラムや政治家の発言などを読むと、まず「結論」があって、その「結論」を「前提」として話をすすめるタイプのものが非常に多い。
 日韓間で主張に相違がある独島=竹島に関していえば、韓国人の頭の中では독도는 우리 땅!(独島はうちの土地)という結論がとっくに出ていて、しかもそれが話の前提であるから、日本側はそれこそとりつく島がないわけだ。

 韓国人の思考方式はともかく、独島の領有権などは私の関心外だから、それぞれの主張をうんぬんするだけの知識も何もないのだけれども、何百年も前の地図に描かれた島が、間違いなくあの小さな「独島」を指しているというのが、どれほど信用できる話なのか、そのへんよくわからないんですけど。

 独島にしろ歴史摩擦にしろ、韓国メディアに取り上げられる時にはすでに「日本の不当な主張」「日本の歴史歪曲」などとすでに結論づけられていて、すべてそこから話がはじまる。何がどう「不当」で、何がどう「歪曲」されているのか、具体的な指摘がないまま「不当」「歪曲」「侵略」などのキーワードから、連想ゲームのように言葉がつながっていくだけで、実質的な内容に乏しいものが多い。

 社会学系の本を読んでも、ごく個人的な経験や個人的な考えを、多角的な検討がないまま、普遍的な真理であるかのように結論づけてしまって、あとは例によって連想ゲーム式に文章垂れ流しのものが多い。と、言い切る私。
 どうでもいい人の本ならそれでもいいけど、たとえば、与党ハンナラ党のスポークスマンだった田麗玉とか、日韓ワールドカップの際の韓国側責任者で、将来の大統領候補としても有力とされる鄭夢準とかの本がまさにそれなんで、大丈夫かなーとか不安になっちゃうわけだ。

 説得力に富み、読み応えのある韓国語の文章が読みたい。おけつにいらずんばぽじをえず韓国特派員のマイケルさん、教えてください!
[PR]

by kobugimori | 2008-07-25 16:23

韓国人はなぜ人の話を聞かないのか−1

 竹島関連のニュースやなんかであらわになる、人の話を聞かない韓国人の国民性。私個人は竹島なんぞに興味はないのでどーでもいいんだが、私がいくら非国民だとはいえ日本が一方的に攻撃されるのは愉快ではない。
 これさえなけりゃ楽しいのになー韓国って…。

 夏休みにソウルに行こうと計画していたのに引いちゃった人、韓国自体に嫌悪感を持った人なんかもいるかもしれない。そうだとしたら日韓の友好を願ってやまない私としてはまことに残念だ。
 そこで、なんで毎回こうなるのか? なんで韓国人は人の話を聞かないで、条件反射的に怒りだすのか? ということを、私なりに説明してみたい。と、思います。そのへんが理解できれば、不愉快な思いが少しは和らぐと思うので。
 長くなりそうなので3回くらいに分ける予定。

韓国人の歴史認識
 まず、韓国人の歴史認識だ。

 ウリナラ(我が国)は、昔から他国に侵略されたりなんかして、常に被害者だった。特に近代以降は、日本に国を奪われた。解放後も、大国の代理戦争で国が分断されてしまった。
 自分たちはちっとも悪くないのに、いつもひどい目にあっている。それを、我が民族の不屈の闘志と不断の努力によって、民主化も経済発展も成し遂げたのである。


 と、簡単に書けばこんな感じだと思う。ここで大事なのは、自分たちは「常に被害者」だという意識と、その被害者意識の向かう先が、主に日本だ、という点がポイントですね。

 韓国は社会の変化が激しいので、世代間の断絶や、貧富の格差は日本以上に深刻だ。また、韓国に固有の問題として、地域間の対立というのもある。
 そうした国民間の葛藤を超えて、あまねく共有されるのが、上記のような歴史認識だ。他の問題ではいざ知らず、歴史認識に関してだけは、韓国国民は強固な一枚岩だ。日本に対する被害者意識こそ、バラバラの国民を統合する原理となっているわけだ。

 それに対して日本では、太平洋戦争は自衛のための戦争だったのか侵略戦争だったのかなど、歴史に対する認識が一様ではない。天皇や、国旗や国歌に対してすら、認識が一致しない。
 だから日本人は、相対的な物事の見方に慣れている。自分たちと違う考えや主張があっても、それほど熱くならない。

 韓国でも、たとえば北朝鮮に対しては、同じ民族だからという宥和的な立場と、冷戦の残滓として敵対的な立場とが共存していて、一方の暴走を一方が抑制するという民主主義的な構図が成り立つ。
 ところが、日韓の近代史を巡っての認識は、韓国国内には一種類しかない。彼らの認識では、日帝によって奪われた(と韓国人が思っている)独島の領有を、あらためて日本が主張するということは、日帝による侵略を肯定することと同じなわけだ。日本に対する被害者意識を原点とする韓国人の、ナショナルアイデンティティを根底から揺るがす事態なのである。民族の自尊心を踏みにじり、独立さえも否定するに等しいわけだ。

 日本に対する攻撃は正義であり、愛国心の発露である。何を言ってもOK、何でもアリ。それを抑制する勢力は国内には存在しないから、国内にいるかぎり安全だ。
 つまり、日本側の竹島領有の主張をスイッチとして、ネットの「祭り」と同じ無責任な狂乱状態が、国をあげて再現される。と、こういうわけですね。

 * * *

「歴史認識が唯一絶対の韓国」対「歴史認識がバラバラの日本」とのあいだで、独島と同じくビンカンにスイッチが入ってしまうものに、従軍慰安婦もあるわけなんですけど、これは竹島と違って、日本人こそマジメに考えなければならない、いまだ終わらない問題だと私は思います。
 アジア女性基金デジタル記念館のアーカイブを、ぜひ見てみてください。

>>アジア女性基金デジタル記念館
[PR]

by kobugimori | 2008-07-23 17:03

新大久保

 昨日は、ひさしぶりに会う友だちと新大久保の韓国居酒屋に行った。
 食べ物は期待したほどおいしくなかったが、韓国っぽい雰囲気でお酒はおいしく飲めたので、ヨシとしましょう。

d0075839_2321971.jpg

 しかし独島問題なんぞどこ吹く風で、新大久保はあいかわらずにぎわっていた。昔、東南アジア系や南米系のお姉さんが一定の間隔で立っていた暗い路地も、韓国系の食べ物屋やブティックが並ぶ、ソウルのどこかの裏通りみたいになった。
 新大久保さえあれば、日韓関係は大丈夫だ。

 2軒目のお店にいた애리たん、かわいかったなー。ボクのこと「오빠」って呼んでくれた♪
 今日は二日酔い気味で体調はいまいちだが、애리たんのおかげか、一緒に飲んだ女教師のフェロモンのせいか、韓国の「ウンニョ」というニンニク酒が効いたのか、私のドコモダケは朝からもうはちきれんばかりだ。

 韓国CDも買ってきた。韓国でもCDは売れないので、最近では付加価値を高めようとパッケージがものすごくゴージャスになっている。オム ジョンファのCDは、厚さが3cmくらいある半透明のケース入りだし、イ ヒョリにいたっては、LPと同じサイズで、写真集とかポスターとかまで同梱されてんの。かさばってしょうがねえ。
 まだちゃんと聴いていないが、聴いて良ければレビューを書きます。
[PR]

by kobugimori | 2008-07-19 23:03