タグ:日本と韓国 ( 49 ) タグの人気記事

DJ is gone.

 裕福な網元の家に生まれ(たのは泳三だっけ?)若いころから政治運動に身を投じ、軍事独裁政権と対峙し、情報機関によって誘拐されながらも間一髪のところで生還、光州事件では暴動の首謀者として死刑判決を受け、一時アメリカに事実上の亡命をし、帰国してから大統領になるも、前大統領の経済失策による通貨危機の尻拭いをさせられ、それでもがんばって任期の終わりころには南北首脳会談を実現させ、金正日を表舞台に引っ張りだしてノーベル平和賞受賞、しかし韓国大統領の常として辞任後は金がらみのスキャンダルが噴出して泥だらけ…。
 
 と、いうような、まことに波乱に富んだ人生を歩んでこられた韓国の元大統領、金大中氏が亡くなった。
 自身の継承者である盧武鉉前大統領の自殺が、彼の寿命をも縮めたのかもしれない。

 太陽政策が北朝鮮の核開発を進展させた、との批判もあるが、2000年の南北首脳会談は確かに時代の変化を実感させるものだった。少なくとも、自己満足としか思えなかった盧武鉉の訪北よりはるかに感動的だった。
 下の画像は、その時に感激して作ったポストカードです。

d0075839_2159501.jpg

 つつしんでご冥福をいのります。
[PR]

by kobugimori | 2009-08-18 22:37

韓国のせっかちなアガシ

 いつもながらYouTubeを貼りつけておしまい、っていう安直さですいません、でもこれ、アガシがものすごく韓国っぽくてクソワロタ。



 여 : 빨리 하자, 옷 벗어.
 남 : 어, 잠깐...
 여 : 왜? 일단 벗으라고 !
 女:早くやろう、服脱いで。
 男:あの、ちょっと…
 女:なに? とりあえず脱いでってば!

 私はこういう韓国のアガシが大好きなんだが、こんなにせかされてできるか? といえばできないわな(笑)。

 この대신맨(身代わりマン)シリーズは他にも「ソウル駅前広場でのWBC日韓戦中継で日本を応援する」(←痛々しくて正視に耐えず)とか「公衆便所内の自販機で売っているコンドームと薬局の高いコンドームの違いを調べる」とか、くだらない企画がいろいろあっておもしろいので興味のある方はYouTubeで見てみてください。

>>日韓戦で日本を応援
>>自販機コンドームと高級コンドーム
[PR]

by kobugimori | 2009-08-02 19:50

Hyundai Avante LPi ハイブリッド

 ちょっといいかナ? なんて最初は思ったけど知れば知るほど「日本に対する歪んだ対抗心が産み出した奇形児」としか思えねぇ「韓国製ハイブリッドカー」。



 たぶん2ちゃんねるハン板なんかでも相当に話題になったであろうが最近は見てないので知りませんけど。
「ガソリン1リットルの価格で39キロ」って「の価格で」って意味わかんないし、要するにこれ、ソウルのコンビニで見た「17茶」みたいなもんですかね?

 経済が破綻しても核とかミサイルとかで必死に虚勢を張る北朝鮮もナンだがこんだけ発展した南朝鮮も見栄っ張りなんだよ。負けず嫌いだし。

 いや、でもおれ、嫌韓じゃないよ。

>> Hyundai Avante LPi ハイブリッドのサイト(韓国語)
[PR]

by kobugimori | 2009-07-21 22:09

田月仙「禁じられた歌」

 在日女性による日韓文化交流史みたいな本は、私が読んだかぎりでは例外なく記述が情緒的で結局なにが言いたいのかよくわからず内容が薄い。
 純情な読者なら情緒に浸って涙ぐむこともあるのかもしれないが、韓国好きも私のように擦れてくると、著者が日韓間で股裂きにあって内股がプルプル震える痛々しい姿を見せられるようで白ける。

d0075839_1821331.jpg

 図書館でたまたま見かけた中公新書ラクレの田月仙(チョンウォルソン)「禁じられた歌」も、タイトルからして女くさい情緒の垂れ流し本だろうとは思ったが借りるのはタダだしまいっかーみたいなノリで借りてみた。
 するとこれがまあ「記述が情緒的」というのはその通りではあるのだが、情緒や感傷に浸る前に当事者にのこのこと会いに行って話をいろいろ聞きだしているところがすばらしい。
 著者は国際的に活躍するソプラノ歌手なのにジャーナリストとしての適性もあるようだ。

 この本には、民謡「アリラン」や歌劇「春香伝」などにとどまらず、「동백아가씨(椿娘)」「카스바의 여인(カスバの女)」「가슴 아프게(カスマプゲ)」などの韓国トロットの定番、日本文化の流入が規制されていたかつての韓国でなぜ皆が知っているのか私も不思議だった「ブルーライトヨコハマ」や「恋人よ」などの日本歌謡、80年代韓国オタクにはなつかしい各種「健全歌謡」まで取り上げられている。
 それらの歌の背後に隠された感涙もののエピソードの数々が、数十年の時を経て、歌い手や作曲家など当事者の口から田月仙に語られるわけだ。特に、孫牧人や高木東六など、すでに物故した大家の話はこの上なく貴重だ。
 これらの対談は聞き手が田月仙だからこそ実現したのだと思う。歌手とはある意味「巫女」だと常々思っていたがまさにその通りだ。
 コリアンロックも軍事政権下でずいぶんと弾圧されたのにこの本には一曲も入っていないのが大いに不満ではあるが、韓国大衆歌謡に興味を持つ人なら一読して損のない好著です!

 較べるようで申し訳ないのだが、冒頭に書いた「記述が情緒的で内容が薄い」本の典型が岩波新書「日韓音楽ノート」姜信子著、だ。
 日韓両国の大衆歌謡のルーツを探る、というテーマは私にとっても大関心事なのに、取材も論考もすべて中途半端で何も心に残りませんでした、すいませんけど!




 ↑ 本文には直接関係ないが第三共和国時代にもっともソウルフルだった歌手キムチュジャ(金秋子)の「커피 한잔(コーヒー一杯)」、ギターもボーカルもイカすっす!
[PR]

by kobugimori | 2009-06-30 18:03 | ポンチャック

金正日の料理人

 ミサイルやら核実験やらで北朝鮮方面が騒がしくなるとかならず出てくる、藤本なんちゃらいうおっさん。
 料理人として金正日のそばに10何年か仕えたらしいが、どんな自意識がそうさせるのか、バンダナにサングラスに濃い口ひげという、おおよそ信用できない恰好で堂々とテレビに出て「将軍と連れションした」などと愚にもつかないエピソードを披露する。
 別れた恋人の写真や性癖を暴露するヤツもいるし、それに較べればまだマシかという気もするが、それにしてもコイツの顔がテレビに出ると吐き気がして正視に耐えない。

 ただなーやっぱり、金正雲が後継者に指名される可能性が高いということなどは何年も前から言っていたし、金正雲の写真もこの人しか持っていなかったりして、テレビとしてはそれなりの利用価値がある。というのはまー、わかるんですけど!
 なんか理屈じゃなくて、生理的にヤだ。

 なんでこんなにヤな気分になるのか?
 考えてみると、きっと自分の心の奥の、出歯亀的なノゾキ趣味みたいな、あまり触れてほしくない部分が、このおっさんにシゲキされるんでしょうな。醜く卑しい自分を鏡で見ているように感じるんだ。たぶん。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-10 13:41

検察総長の辞職

 韓国Yahoo!で読んだニュースによると「韓国のイムチェジン検察総長がノムヒョン前大統領の逝去に対し国民に謝罪の意向を表明して辞職願いを提出した」「これで一連の捜査は事実上終結」っていう記事を読んだがこんなことでいいのか韓国の検察!

 ノムヒョン大統領は理念先行で独善的なところが鼻についたが、いわゆる「三金政治」との決別など、韓国政界に根強い権威主義や地域対立に風穴をあけた功績は大きい。
 ……と、思っていたら、大統領在任中に、その権威を笠に着て、本人でなくとも少なくとも家族は労せずして、巨万の富を得ていたわけだ。

 その捜査中に本人が自殺してしまった、と。
 これで真実が見つけにくくはなっただろうが、奥さんや息子や、彼らに群がった財界人に対する捜査は、当然続けられてしかるべきではなかろうか?

 ミもフタもなく書けば「収賄の容疑者が現実逃避的に自殺した」わけだが、それを「貧しい家庭から苦学の果てに大統領にまで登りつめたウリの大統領が非業の死を遂げた」ということで、その葬儀を韓国人はワールドカップに匹敵するような国民的行事に仕立て上げた。
 金日成逝去の際の北朝鮮でも見られた、自己陶酔的な集団ヒステリー、というのは言い過ぎか。
 ともかく、前大統領本人の意図とは関係なく、権威主義的といえばこれほどの権威主義はないだろう。

 そういう極端な権威主義に較べて、検察や警察や裁判官が国民に信用されず、権威がなさすぎるのが問題だよなー。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-03 23:07

Audiと青い消しゴム

「Audiと青い消しゴム」ってなんかアート系ミニシアターで上映されるオシャレな外国映画のタイトルみたいだが、先日、韓国Yahoo!でたまたま見た「東方神起のメンバーが乗っているヒヨコ」なる写真、アート系ミニシアター的な繊細な美意識とは正反対の、ケンチャナヨ系韓国的合理主義が生んだ大ヒット商品(韓国限定)、「擦り傷防止用の青い消しゴム状のもの」。

d0075839_21103095.jpg

>>동방신기 멤버가 타고다닌다는 노란병아리??

 たぶん、韓国以外に愛車にこんなものを貼る習慣はない(と思う)。
 ジェネシスなどの韓国車か、韓国向けレクサスくらいならまあしょうがないかとも思うが、値段も性能も「멋」も最高峰のR8にこれは、ちょっとあまりといえばあんまりだ。

 韓国でカッコ良い外車を見かけても、あの緑のナンバープレートが日本のタクシーみたいで興ざめすることも多い。しかしそれは国の交通行政のせいであって、個々の韓国人のセンスとは直接の関係がない。
 それに対して、青い消しゴムを貼るか否かは、オーナー個人の選択である。
 ポルシェでもフェラーリでもなくアウディR8を選ぶ見識には敬意を持つが、青い消しゴム大量貼りには腰の力がガックシと抜ける。
[PR]

by kobugimori | 2009-05-28 21:15

韓国のシャーマニズム

 韓国人の国民性形成に最も大きな影響を与えた宗教は何か? といえば「儒教!」という答えが一般的だろう。たしかに、韓国人の思考方式や行動規範、生活行事など、外側に現れる部分ではその通りだと思う。
 しかし、韓国の国旗が「太極旗」であるように、道教の影響も強い。
 この道教に、土俗的なシャーマニズムが結びついた、一種の「超人志向」を韓国人は心の底に根強く持っている、というのが私の考えだ。
 そしてこの「超人志向」こそ、韓国と韓国人を理解する「キモ」だと思います私は。

 以下、韓国人がどれほどシャーマニスティックか、思いつくまま例を挙げてみます。

 ***

 韓国語では신나다・신들리다をはじめとして신のつく言葉が多く、日常的によく使う。この신(シン)は、もともとは漢字の「神」だったのだろうが、これを日本語の「神様」と同様に受け取るのはまったく誤りで、日本人の感覚では「霊」に近い。
 つまり、韓国人は日常的に自分の体から霊を出し入れしているわけだ。…といっては大げさだが、韓国人にとっては古来より「霊」がそれだけ身近で日常的な存在であったとはいえるだろう。

 ***

 日本でもオカルト/スピリチュアルブームに乗って占い師や霊能者がメジャーな存在となったが、イタコやノロのような土俗的なシャーマンが現在の日本で一般的とは言いがたい。
 ところが韓国では、テレビに出て偉そうにしゃべる占い師や霊能者はいないかわりに、占いや霊との交信をなりわいとするシャーマン(ムーダン)の数は日本よりはるかに多い。ソウルの裏通りなどでよくみかける「卍」マークを掲げた家は、仏教のお寺というよりは、こうしたシャーマンの家の印だ。

 ***

 また、最近もこんな記事を見た。

>>巫女になったアンジェファンのお姉さん「弟の死亡直前の姿を見た」

 昨年自殺した俳優アンジェファンさんのお姉さんが霊媒となって弟と交信し、その課程で死亡直前の様子を見た、という記事だ。
 こういうことを現実として信じる人がいて、それをニュースとして受け止める素地が韓国社会にはある、ということだ。

 ***

 日韓間で摩擦があるときに見せる、韓国の居丈高な態度。これは儒教の「長幼の序」で、年長者である韓国が年少者である日本の生意気な態度に怒っているのだと考えると、同じ土俵での議論ができないのは理解できる。
 しかし、反日運動に限らず、市民運動や労働運動などでもときおり見られる、断指や切腹や、あるいは焼身自殺といった過激な示威行動は儒教的でない。道教的/シャーマニズム的な超人志向を背景にした英雄主義と見た方が理解しやすい。

 ***

 北朝鮮での権力世襲も、それ自体は儒教的だが、金正日が生まれたときに白頭山頂に光明星が光ったなど、後継者を権威付けるために作られた超自然的な伝説にはやはり、道教的な超人志向が見てとれる。

 ***

 韓国には、中国や日本にくらべてキリスト教徒の割合が非常に多い。歴史と伝統が自慢のウリナラでなぜこれほどキリスト教徒が多いのか、私は長いあいだ不思議でならなかったのだが、これも、奇跡を起こすキリストの超能力が、韓国人の超人志向と親和性が高かったのだ思い至って納得した。つまり、キリスト教も韓国では、卑近な利益をもたらすシャーマニズムとして受け入れられた側面が強いのではないかと思うのだ私は。

 ***

 と、いうわけで、韓国はシャーマニズムの国です。
 私はこれからも韓国シャーマニズムを研究し、せっせとおフダを描いて皆さんを幸福にしたいと思います!
[PR]

by kobugimori | 2009-02-06 12:35

ソウルの赤線地帯

 当初「つぶろぐ」に書いたことなんですけどこっちにも載せることにしました。ダブってるんですけど「つぶろぐ」もそのままにしておきます。

 私がハマったころの韓国は今と違ってマイナーな国だったので、ハマった理由を他人に理解してもらうのにはとても苦労した。
 私の母などは、どうもやっぱり韓国旅行=キーセンツアーみたいなイメージを持っていたらしい。たびたび韓国に出かける私に、自分の国の女性が外国人に体を売るのを見たらどんな気持ちになるかを考えて、そういうことだけはやってくれるなと言っていた。母も、米兵にしなだれる「パンパン」の姿を多感な少女時代に見て複雑な気持ちを持ったことがあったのかもしれない。

 ……と、いうようなことを、下の記事を読んで思い出した。

>>赤線地帯をうろつく醜い日本人観光客

 こういう露骨な形態の売春を容認してきた自分たちの姿を棚に上げて日本人観光客だけを「醜い」というのは、常に日本人を貶めようとする韓国マスコミの悪いクセだとしても、韓国人からすればたしかに愉快な話ではないだろう。
 それにしても、韓国ではここ数年「売春」がきびしく取り締まられたはずなのに、ふたたびのこの興隆はどうしたことか。まあ、「かけ声倒れ」「大風呂敷」「尻すぼみ」は、韓国人の得意技ではあるんだけど。

 ともあれ、そういうところに行きたい日本人観光客のみなさん!
 もともと「女性」の値段が安い上に昨今の円高ウォン安で、割安感からやりたくなる気持ちはよーくわかるんだけど、私としては、前述の、亡き母の言いつけもあるので、お金で買うようなHはいたしません。
 それに、日本人と韓国人とは何が違うかと言えば性癖が違う。韓国人は何かにつけ単刀直入を好むので、日本人のような粘着的なHは好まれない、いはんや赤線地帯においてをや。
 行くなとは言わないが、値段なりの素っ気なさを承知の上で、くれぐれも恥じらいと後ろめたさと遠慮とを忘れないようにしていただきたいと思います。
 ついでに言えば、狭いポジャンマチャで下品に盛り上がる韓流おばさん軍団もだ。いたたまれないよ。



↑ 清涼里駅から赤線地帯を抜けてバス通りを渡ったところ(うろ覚え)にあるバラックみたいな飲み屋、赤塚不二夫似のアジョシがいい味(在韓亭17年さん提供)。
[PR]

by kobugimori | 2009-01-13 15:13

韓国体質

 全国数人の「おけつにいらずんばぽじをえず」読者のみなさん、おひさしぶりです。
 書きたいことはたくさんあるのに、この1カ月は余裕がなくて放置となってしまいました。
 まだ解放されたわけではないのでコネタですけど、今日はこれ。

d0075839_1513093.jpg

 左がホンダオデッセイ、右がヒュンダイi20。

 韓国を代表する自動車メーカーが、世界市場に向けて作った新型車がこれだ。
 私は嫌韓じゃないので、韓国企業のパクリ体質をあげつらうつもりはないんだが、細部を気にしないツメの甘さはいかにも韓国的だと思う。

 これじゃあ日本で売れねーのはあまりにも当然だ。それとも、もう日本市場の攻略はあきらめたんだろうか?
[PR]

by kobugimori | 2008-12-05 15:04