タグ:その他 ( 89 ) タグの人気記事

みんな仲良し

 靖国神社の春季例大祭に「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」39人が参拝したそうだ。
 靖国参拝の是非はさておき、死者を追悼するために神社に参拝するなら、一人静かに行ったらどうか? いい年して修学旅行じゃないんだから。
 それとも、例大祭って文字通りお祭りで、もともと大勢で行くものなのでしょうか?
 政治的なアピールが目的で「みんなで参拝する」のなら、その発想自体が不謹慎かつ英霊に失礼だ。と、私は思いますけど。
[PR]

by kobugimori | 2007-04-24 22:32

車内強姦

 うちの奥さんの実家は関西で、子連れでの里帰りの際、子供がまだ小さいので電車内で席を譲られることがよくあるんだが、関東と関西とを較べると、意外に(?)関東のほうが譲られる確率が高い。混む時間は避けて乗るから、他の乗客にも余裕があるからか、とも思うけど。
 関西では、シルバーシートもあまり関係ないみたい。ただ、子供と一緒にいて「かわいいなぁ」などと声をかけられることは、やはり明らかに関西のほうが多いですな。

 韓国ではどうか、というと、通貨危機を克服する過程で弱肉強食化した現在の韓国社会とはだいぶ事情が違うと思うけど、私が留学していた90年代のはじめころまでは、年寄りなどに席を譲るのはごく当たり前のことで、譲られて礼もしない爺さんが多いくらいだった。
 座っている人が、前に立っている人の荷物を持ってくれたりもした。アルバイトに通うのに毎日バスを利用していたんだが、乱暴な運転で揺れの大きいバスの中で、辞書などでカバンの重い語学留学生は、この習慣にずいぶん助けられたものです。反対に、日本に来た留学生が、立っている人の荷物を持ってあげようとして血相を変えられたという話もよく聞いた。

 だから私としては、日本に帰って来てから、比較的よく席を譲る方になったと思う。奥さんが妊娠してからはなおさらだ。譲るかどうか迷うときは、黙って席を立つとか。
 ともかく知らんぷりはよくない。

 そんなわけで、今日はまことに気分の悪いこのニュース。

 大阪府警淀川署は21日、JR北陸線の富山発大阪行きの特急「サンダーバード」の車内で昨年8月、大阪市内の会社員の女性(当時21歳)に暴行したとして、滋賀県湖南市石部南、解体工、植園貴光被告(36)を強姦(ごうかん)容疑で再逮捕した。当時、同じ車両には約40人の乗客がおり、一部の乗客は異変に気付いたものの、植園容疑者にすごまれ、制止できなかったという。植園容疑者は、昨年12月にも同様に車内や駅構内で女性に暴行したとして今年1月、滋賀県警に逮捕され、強姦罪などで現在公判中。
 調べでは、植園容疑者は、昨年8月3日午後9時20分ごろ、福井駅を出発した直後に、6両目の前方から2、3列目にいた女性の隣に座り、「逃げると殺す」「ストーカーして一生付きまとってやる」などと脅し、繰り返し女性の下半身を触るなどしたという。さらに、京都駅出発後の午後10時半ごろから約30分間にわたり、車内のトイレに連れ込み、暴行した疑い。女性は車両前方のトイレに連れて行かれる途中、声を上げられず泣いていたが、付近の乗客は植園容疑者に「何をジロジロ見ているんだ」などと怒鳴られ、車掌に通報もできなかったという。
 植園容疑者は昨年12月21日、JR湖西線の普通電車内で女性(同27歳)に暴行し、さらに大津市のJR雄琴駅で電車を降り、同駅のトイレに女子大学生(同20歳)を連れ込み、暴行したとされる。
 JR西日本によると、同社の大半の車両には連結部付近に通報ブザーをつけているほか、トイレにも体調悪化などに備えたブザーを設置。いずれも車掌に連絡が届くようになっている。また、特急など停車駅間が長い列車の場合、車掌の車内巡回を励行しているという。同社広報部は「引き続き車掌の見回りなどを強化し、乗客の安全確保、防犯対策に努めていきたい。事件を目撃したら通報ブザーを活用してほしい」と話している。【毎日新聞】

 もし自分がここに居合わせて、どれほどのことができたかはわからないけれども、40人の乗客が2時間近くも、誰も何もしなかったという異常さには呆れるほかない。銃社会アメリカの病の重さは一人の韓国人学生によってあらためて見せつけられたわけだが、日本社会の、このヌルヌルした透明な鎧で武装したような他人への無関心さと無責任さも相当な重病だと思う。

 まこと「美しい国」とはよく言ったものですな。
[PR]

by kobugimori | 2007-04-23 21:23

春のおとずれ

 今日の朝ツボミだった木が夕方にはもう満開に近く咲きました。
e0099250_2259851.jpg
 良い季節になりました。
[PR]

by kobugimori | 2007-03-29 23:08

デジタルアンプ

 永年使っていたヤマハのアンプが壊れて、修理に2〜3万円かかりそうだったので、以前より目をつけていたフライングモールという会社のデジタルアンプを買いました、中野ブロードウェイ内のオーディオ店で。
 最近は、AVアンプは言うに及ばず、真空管アンプですらメーカー製のものは入力切り替えなどスイッチがいっぱいついているのに、この製品は入力も出力も1系統、コントロールはボリュームのみという潔い単純さが購入の決め手になりました。
d0075839_128175.jpg
 ケーブルをつなぐので奥行きはいりますが、本体の設置面積はCDケースとほぼ同じ、高さもCDケース5〜6枚ぶんしかありません。
 音を文字で伝えるのは私には無理だけど、簡単に言えば、シャキっと歯切れが良く、キラキラしてキレイな音。聴いていて気持ちが良いです。特にギターの響きにはしびれましたね。
 ただし、筐体のデザインがいまいち好きになれません。うすら青い塗装とか、ボリュームの目盛りとか不要でしょう。メーカーロゴは目立ち過ぎ、青いLEDはまぶし過ぎ。機能がミニマムなのだから、デザインもミニマムにしてほしかったと思います。
 まあ、そういう不満はあるとしても、本質的なことではないので許せなくはありません。いずれにせよ、良いアンプはデカくて重い、そして高いという常識を覆す逸品と言えます。すごく得した気分です。

 韓国には何の関係もないけれども、すばらしいのでつい自慢しちゃいました。
[PR]

by kobugimori | 2007-03-28 01:28

三郷のゴミ屋敷

 現在、埼玉県三郷市在住の妹の家の近所にゴミ屋敷があるとのことで、見に行ってきました。
e0099250_146379.jpg
↑ 普通の住宅街を歩くと突然ゴミの山
e0099250_1461174.jpg
↑ 中央あたりの、ゴミからはみ出た赤くさびたトタン屋根、どうもこの下が居住スペースとなっているらしく、妹とすごいねーなどと話しながら近くで写真を撮っていたら、気配を感じたのかこの山の中からおっさんっが出て来た! ビビって、あわてて知らんぷりして逃げたが、インタビューでもすりゃよかったと少し後悔しています。
 ちなみに、古いけどキレイだから後ろの2階屋は関係ないようです。
e0099250_1461892.jpg
↑ 名残惜しいので、帰りに車の中からもう一枚。あのおっさん、夜はどのように過ごしているのでございましょう…?
[PR]

by kobugimori | 2007-01-10 18:56

あけましておめでとうございます

d0075839_2325328.jpg
今年もよろしくお願いします。
[PR]

by kobugimori | 2007-01-03 23:01

まだやんのコイツ!

 下品で傲慢な石原慎太郎がオレは大嫌いだが次の都知事選挙も出馬すんだってよー、いつまでやる気なんだろ? 都知事がコイツで総理大臣がA級戦犯の孫、って悪い冗談としか思えないけどねオレには (´д`)=3
d0075839_18165156.jpg

[PR]

by kobugimori | 2006-08-31 04:30

小松とよ吉と倉橋ヨエコ

 前項「清渓川-5」は、日付が8月17日となっていて、たしかに書き始めたのは17日ですが、書いてるうちに韓国人の国民性にまで妄想が膨らんでしまい、書き終わって公開したのは20日の深夜になってしまいました。3日以上もかかったワケです、大変ですな、ブログを続けるって。

 そこで今日は、疲れた頭を休めるために、テレビ埼玉で平日午前10時半からやってる演歌系の番組ね、他では見られない人たちがたくさん出るので我が家では毎日かかさずチェックしています。今日は月曜日なので「とよ吉」だ、あぁ今日もよかったぁ。埼玉県民は絶対見た方がいいよ、火曜日だけはちょっと普通なので月・水・木・金の午前10時半ね、テレビ埼玉略してテレ玉、日曜早朝の「演歌街道」っていうのもイイです!

 そしてもうひとつ、私の好きな倉橋ヨエコ、3〜4年前に「人間辞めても」っていう歌を聴いて衝撃を受けて以来のファンです、歌われる世界が暗すぎてかえって爽快な気分になれるというカルトな歌手です。それにしても新曲「夏」のPVは救いようがなくて笑えません、どんな内容かといえば、戦時中の日本が舞台のアニメーションで、思いを寄せる人に赤紙(招集礼状)が届いて彼は戦争に行ってしまう、一人残され寂しく海を見る私は、水平線の彼方から飛んで来た米軍の戦闘機に機銃掃射され散ってゆく…(ToT)。昨今の、日本を覆う空気を思うとき、これは過去の話ではなくて、うちの子が大きくなったころ、つまり未来の話かもしれないと思ったらマジで憂鬱になっちゃった。8月末までwww.babestar.net/yoeko/から視聴できます。
[PR]

by kobugimori | 2006-08-22 01:47

靖国神社

 ワンフレーズ以上は物事を考えない3歳児宰相コイズミが靖国神社に、日本が戦争に負けた日である今日、やっぱり参拝しましたな。ここまでくると、あのマガマガしい黒い鳥居を一度もくぐったことのない非国民な私ですら、一種の爽快感を感じますな。

 靖国神社に関して、最近はどうもA級戦犯のことばかりが話題になるけれども、そもそも靖国神社とは、国民に向かって「死んだら神として祀ってやるぞ、大臣も天皇も頭を下げてお参りしてくれるんだ、だから安心して戦争に行きなさい」という存在だったわけで、戦没者を静かに追悼するどころか、国民を戦地に追いやる、軍国主義の大きな歯車の一つだったといっても過言ではないわけだ。だとすれば、戦争に負けて平和国家として生まれ変わった日本の、戦没者を追悼するための施設としては、まことにふさわしくないと私は考えます。

 もっとも、たとえば帰りの燃料のない戦闘機に乗せられた特攻隊員とか、ジャングルに置き去りにされて生きながらウジ虫に喰われた傷病兵とか、あの時代に生まれて否応なく戦争に駆り立てられて無惨に死んで行ったすべての人には心の底から同情します、絶望的な戦いの中で彼らがすがる、最後の支えが靖国神社に祀られることだったとすれば、その思いも尊重します、彼らの御霊は靖国に集うと信じる遺族の気持ちも否定しません、どうぞ靖国神社で祈ってください。

 ただし、

私は行かない。

 私のように、国政にも外交にもなんの権限もない一般国民にとって、それこそ首相のおっしゃる通り「心の問題」で「行くのも自由、行かないのも自由」なのだから、私は上記のように考えるので行かねぇ。
 将来、私自身や子どもや家族、友人、子孫など、とにかく私と私につながりのある人たちが靖国神社に祀られるようなことになるのも

まっぴらごめんです。



d0075839_22112330.jpg

[PR]

by kobugimori | 2006-08-15 23:26