タグ:その他 ( 89 ) タグの人気記事

let's go everywhere

 うちの近所には小学校があって、平日の昼間うちにいると校内放送がよく聞こえる。
 別にうるさいとは思わないのだが、耐えられないのが掃除や給食の時間などにかかる音楽だ。
 ♪このおおぞらにーつばさをひろげーとんでーゆきたーいーよー…
 高度成長期ならともかく、今時こんな歌で元気が出るやつがいるのか? 私は力が抜けて歩けない。
 ♪ちゃーらーららーらーらー…
 と、ジェットストリームでかかりそうな曲が流れてくることもある。
 いくらさいたま市だからといって、あまりといえばあんまりヒドい。うちの子が小学生になる前に引っ越さなきゃ。

 * * *

 ところで、Medeski Martin & Woodの新譜「let's go everywhere」だ。
 これまでと違って、Little Monster Recordsという新興の子供向けレーベルから出た。
d0075839_15544624.jpg

 もともとロックなどが好きで、ジャズを「キザなおっさんが聴くもの」という先入観から敬遠していた私が宗旨替えするきっかけとなったバンドがこの、Medeski Martin & Wood(以下mmw)だ。
 10年くらい前、輸入盤屋の店頭でたまたま見たジャケットに惹かれ試聴したら、ウッドベースの音が過剰にデカくてバフバフいってて、オルガンはグニャグニャとサイケだし、ドラムはスカスカとファンキーで、軽くなっちまった最近のロックよりよほどロックっぽいじゃん! ということでハマったわけだ。「キザなおっさん」というジャズ一般に対する先入観も一気に払拭された。

 そんなバンドが子供向けのCDを作るとは、Deepな冗談としか思えなかったが、聴いてみると、セサミストリートみたいな曲でも子供の声のヒップホップでも、日本の子守唄みたいな曲ですら、グニャグニャオルガン・バフバフベース・スカスカドラムはいつも通りで違和感がない。嬉しいくらいにmmw的だ。

 アルバムによってはノイズっぽくて疲れることも多いmmwだが、こんどのこれは「子ども向け」だからGroovyだ。
 アメリカ人の子どもたちがmmwで踊る場面を想像すると楽しい気分になる。ちょっとうらやましくもある。
 さいたま市とは大違いだ。

 * * *

 先日、幼稚園児がにしおかすみこのマネをしているのをテレビで見た。2歳のうちの子も、韓国歌謡で踊ったりする。
 子供のセンスは、決して子供っぽくはないと、つくづく思う。

>>myspaceで試聴
>>mmw公式サイト
>>Little Monster Records
[PR]

by kobugimori | 2008-03-12 13:31

鹿地蔵 その2

 奈良県の、平城京遷都1300年祭を盛り上げるキャラクターの作者について、前回はちゃんと調べもせず「芸大を卒業した立派な方」などと無責任な紹介をしたが、この人、薮内佐斗司さんといって、彫刻家として輝かしい実績をお持ちの、本当に立派な方だったのでした。

>>The World of YABUUCHI Satoshi

 しかし、彫刻家としていくら実績があっても、彫刻とキャラクターのデザインとでは、仕事の分野として本質的に違うのではないかと思う。小谷真生子とエドはるみくらい違うのではないだろうか。
 そのへんを、発注する側がわかっていなかったのが元凶だわ今回の騒動の。

 奈良県はこのキャラクターの著作権を500万円(!)で買い取ったらしいが、着ぐるみを作る際にはぜひ、薮内先生直々の監修のもと、リアルにきっちり作っていただきたいと思いました。
d0075839_0314773.jpg
↑ 命名「鹿地蔵(しかじぞう)」*

*名前募集中!
>>平城京遷都1300年祭

[PR]

by kobugimori | 2008-03-10 03:37

臨場感

 私は音楽が好きなので、ライブハウスやコンサートなどには昔はよく出かけた。
 ところが年をとってから、ライブの臨場感より、家で静かにCDに耳を傾けるほうを好むようになってしまった。
 特に、子どもができてからは、自分だけ楽しむのは気がひけて出かけづらい、ということもある。

 そんな私も、先日ひさしぶりにコンサートに出かけ、ナマの臨場感・躍動感を堪能した。

 そのコンサートとは、おかあさんといっしょスペシャルステージ ぐ~チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなおいでよ!うたのパレードだ。

 しょうこおねえさんとゆうぞうおにいさんが3月いっぱいで卒業ということもあり、どの曲も力のこもった熱唱を聴かせてくれた。
 中でも、私の好きな「やるきまんまんマンとウーマン」をナマで聴けたことには感激し、興奮した。

 まゆおねえさんのゴッチャ!はチアガールを引き連れてのスペシャル版だったし、しょうこおねえさんの衣装も予想外に露出が高くてうれしかった。
 私に向かって手を振ってくれたとき、キレイなわきの下がまぶしかったです。

 子どももお父さんも大満足でした。
[PR]

by kobugimori | 2008-03-04 13:36

鹿地蔵

 平城京遷都1300年祭のキャラクター、芸大を卒業したずいぶん立派な方がデザインしたそうだが、なんかナマナマしくて気持ちわりぃ。
d0075839_0314773.jpg

>>平城京遷都1300年祭


 最近人気の、たとえばリラックマとかひこにゃんとかは、近くに来たら抱きつきたい! 頬ずりしたい! という衝動に駆られるものだが、もしもこれの着ぐるみがノシノシとこっちに近づいて来たらどうよ?
((;゜Д゜))))

 まあそういうところもふくめて、私は個人的に嫌いでないが(笑)。

 名称を募集していたので、私は「鹿地蔵(しかじぞう)」でエントリーしました。
[PR]

by kobugimori | 2008-03-04 00:32

胡同の理髪師

 木曜日、36歳の人妻と映画を見に行った。

>>胡同(フートン)の理髪師

 胡同に暮らす93歳の理髪師チンさんの日常が淡々と描かれる。
 チンさんが、日のあたる窓辺にすわってたまに瞬きをするだけとか、客の爺さんのヒゲを「ショリショリショリ…」と剃るだけとかの、静かなシーンが多い。だけど、なにしろこの爺さんの顔が良いので退屈ではない。

 日常の小さなエピソードや会話の中に、人の死や社会の変化など、重たい主題も絡む。それでも、この監督の控えめなユーモアと、失われてゆくものに対する愛情が画面から溢れてくるのがわかるので、決して暗くならない。

d0075839_22295831.jpg
↑チンさん

 実はこのチンさん、散髪とヒゲ剃りだけでなく、按摩の名人でもあることが劇中で明かされる(按摩された爺さん死んじゃったじゃん! というツッコミはこの際ナシね)。
 毒入り餃子とかスポーツの試合とかで、トゲトゲしいものになりがちな最近の日本人の対中感情も、チンさんの按摩で少しでも和らいだらいいと思った。

 見終わってから、ほのぼのとハッピーな気持ちになれる良い映画でした。
 
 映画のあと、一緒に行った人妻が、誕生日の近かった私にトムヤムクンなどをご馳走してくれました♪
[PR]

by kobugimori | 2008-03-01 22:42

大相撲春場所

 韓国に新しい大統領が就任した昨日、日本では大相撲春場所の番付が発表になった。

 かねてより注目していたポヂさんこと寶智山は少し番付を下げて西十両六枚目に、代わってポヂひかりこと保志光はジワジワと番付を上げて西十両筆頭に上がってきた。この場所で勝ち越せば次は幕内に入るだろう。

 ちなみに、保志光の本名はドゥブチン・ハグワーだって。
 しこ名がポヂで、本名がドゥブチン…。
[PR]

by kobugimori | 2008-02-26 12:30

石原バカ

 石原都知事が、新銀行東京の経営が破綻していることについて、責任を全部最初の経営陣にばっかりおったけてやがる。

 こいつは何か問題が起こると必ず人のせいにすんだよ。

 だいたい新銀行東京だの、首都大学東京だの、実存が属性を修飾するような倒錯した名前をつけたのは誰なんだ? 東京大好き、自分が大好きのアンタじゃないのか?

 まあ、ヤクザや軍隊なんかもそうだと思うけど、おおよそ男性性をウリにするやつ、憧れるやつって本質的にメメしいもんだ。

 この際オリンピックなんかもスッパリとあきらめて、次の都知事はおネエMANSから選ぼう!
[PR]

by kobugimori | 2008-02-22 12:32

スカ(その1)

 韓国好きのみなさんには「ジャマイカのシン ジュンヒョン」といったらわかりやすいかわかりにくいかわからないけれども、スカやレゲエの黎明期における立役者の一人、アーネスト ラングリンというギタリスト。70半ばとなられた現在もイカしたアルバムを連発して、フケ専の私は大好きだ。

 彼の最近の動向をネットで調べていたら「スカ」と「ギター」つながりでオランダの、その名もSKAGUITARというユニットを発見した。

>>www.skaguitar.com

 試聴すると、やはり欧米人だからか音が腰高で前のめり気味、軽い口当たりだ。ちょっと物足りなく感じるところもなくはないが、その分スッキリとさわやかだし、なにより私はこういうギターの音が好きなのでついBuy Nowボタンを押してしまった。

d0075839_1212424.jpg

 また、このサイト経由ならメンバーの直売なので、やりとりの過程でミュージシャンとメル友になったような気分に浸れる。
 CDを受け取ってからも「私はあなたの音楽を愛します、ぜひ来日してプレイしてください私たちの前で、ナイスなミュージックをありがとうGerben!」などというメールを送ったら、2時間もしないうちに

I'm glad you have the CD and that you like it.
We would love to play in Japan and
we'll let you know if and when we'll go there.
Kind regards,

Gerben Rienk

という返信が来た(Gerben Rienkはメンバーの一人)。

 彼らに限らず、ヨーロッパのミュージシャンには、私のように翻訳サイト頼りのいい加減な英作文にもきちんと返信してくれる、マメな人が多いようで好感が持てる。
[PR]

by kobugimori | 2008-02-20 01:23

さといも君

 まだ発行前なので詳しいことは書けないが、パソコン系マニュアル本の説明図に使うために、私がこのたびデザインしたキャラクター。
d0075839_1412572.jpg
↑命名=さといも君

 デザインしたといっても、編集者の落書きをほとんどそのままトレースしただけ。ギャラも安いし、どうせ直しが入るだろうと思ったから。
 でも、どうやらこのまま行くらしい。よかった♪
[PR]

by kobugimori | 2008-02-17 23:25

GO!インリンGO!

 なんか今インリンのブログ読んでて今さらだけどファンになっちゃった。

>>インリンのブログ


 そこからのリンクで知った
>>9条を守ろう! ブロガーズリンク
[PR]

by kobugimori | 2008-02-11 22:31