<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

田月仙「禁じられた歌」

 在日女性による日韓文化交流史みたいな本は、私が読んだかぎりでは例外なく記述が情緒的で結局なにが言いたいのかよくわからず内容が薄い。
 純情な読者なら情緒に浸って涙ぐむこともあるのかもしれないが、韓国好きも私のように擦れてくると、著者が日韓間で股裂きにあって内股がプルプル震える痛々しい姿を見せられるようで白ける。

d0075839_1821331.jpg

 図書館でたまたま見かけた中公新書ラクレの田月仙(チョンウォルソン)「禁じられた歌」も、タイトルからして女くさい情緒の垂れ流し本だろうとは思ったが借りるのはタダだしまいっかーみたいなノリで借りてみた。
 するとこれがまあ「記述が情緒的」というのはその通りではあるのだが、情緒や感傷に浸る前に当事者にのこのこと会いに行って話をいろいろ聞きだしているところがすばらしい。
 著者は国際的に活躍するソプラノ歌手なのにジャーナリストとしての適性もあるようだ。

 この本には、民謡「アリラン」や歌劇「春香伝」などにとどまらず、「동백아가씨(椿娘)」「카스바의 여인(カスバの女)」「가슴 아프게(カスマプゲ)」などの韓国トロットの定番、日本文化の流入が規制されていたかつての韓国でなぜ皆が知っているのか私も不思議だった「ブルーライトヨコハマ」や「恋人よ」などの日本歌謡、80年代韓国オタクにはなつかしい各種「健全歌謡」まで取り上げられている。
 それらの歌の背後に隠された感涙もののエピソードの数々が、数十年の時を経て、歌い手や作曲家など当事者の口から田月仙に語られるわけだ。特に、孫牧人や高木東六など、すでに物故した大家の話はこの上なく貴重だ。
 これらの対談は聞き手が田月仙だからこそ実現したのだと思う。歌手とはある意味「巫女」だと常々思っていたがまさにその通りだ。
 コリアンロックも軍事政権下でずいぶんと弾圧されたのにこの本には一曲も入っていないのが大いに不満ではあるが、韓国大衆歌謡に興味を持つ人なら一読して損のない好著です!

 較べるようで申し訳ないのだが、冒頭に書いた「記述が情緒的で内容が薄い」本の典型が岩波新書「日韓音楽ノート」姜信子著、だ。
 日韓両国の大衆歌謡のルーツを探る、というテーマは私にとっても大関心事なのに、取材も論考もすべて中途半端で何も心に残りませんでした、すいませんけど!




 ↑ 本文には直接関係ないが第三共和国時代にもっともソウルフルだった歌手キムチュジャ(金秋子)の「커피 한잔(コーヒー一杯)」、ギターもボーカルもイカすっす!
[PR]

by kobugimori | 2009-06-30 18:03 | ポンチャック

“黒天使”沼澤邪鬼 in にじ屋

 一昨日の話だが、さいたま市にある、障害者とその支援者たちで運営するリサイクルショップ「にじ屋」で「筋肉火祭り2」というイベントがあった。
 大日本プロレスから沼澤邪鬼選手ほか数人の選手が来て、小雨の中、プロレス教室などが和気あいあいと行なわれた。

 私はプロレスについてほとんど無知で、大日本プロレスという団体自体も知らなかったから、沼澤邪鬼選手はもちろん初体面。オドロオドロしいメイクのせいで見た目は恐いが、声や話し方はとてもやさしく紳士的に感じた。 
 こんな貧乏リサイクルショップにじ屋のショボい人寄せイベントに来て、プロレスなんか知らない障害者やその家族や近所のおばさんや、にじ屋の主たる客である貧乏そうなアジア系外国人の前で、精一杯イベントを盛り上げようとしている姿勢がすばらしい。イイ人だなーと思って応援したくなった。

 ところが、家に帰ってこの沼澤邪鬼を調べてみると、ずいぶんカゲキな人みたいなのよね試合のときには。チェーンソーふりまわしたり、蛍光灯の束で相手に殴りかかったり。この人の応援コールは「キ○ガイ」だっていうし!

 というわけで、「人は見かけによらない」というありきたりな結論です。
 すげぇ身近で見れたから、次回「筋肉火祭り3」があればキ○ガイ沼澤邪鬼ファンや大日ファンの人もにじ屋へぜひどうぞ! 私も次はサインもらおう!

>>“黒天使”沼澤邪鬼

d0075839_10131729.jpg
 ピンぼけですいません。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-23 10:10

エビスのシネマミシュラン

 日本随一の特殊漫画家・根本敬さんのサイトで、元祖特殊漫画家・蛭子能収さんがブログを始められたということを知って、さっそくリンクさせていただきました。

>>エビスのシネマミシュラン


[PR]

by kobugimori | 2009-06-12 23:06

金正日の料理人

 ミサイルやら核実験やらで北朝鮮方面が騒がしくなるとかならず出てくる、藤本なんちゃらいうおっさん。
 料理人として金正日のそばに10何年か仕えたらしいが、どんな自意識がそうさせるのか、バンダナにサングラスに濃い口ひげという、おおよそ信用できない恰好で堂々とテレビに出て「将軍と連れションした」などと愚にもつかないエピソードを披露する。
 別れた恋人の写真や性癖を暴露するヤツもいるし、それに較べればまだマシかという気もするが、それにしてもコイツの顔がテレビに出ると吐き気がして正視に耐えない。

 ただなーやっぱり、金正雲が後継者に指名される可能性が高いということなどは何年も前から言っていたし、金正雲の写真もこの人しか持っていなかったりして、テレビとしてはそれなりの利用価値がある。というのはまー、わかるんですけど!
 なんか理屈じゃなくて、生理的にヤだ。

 なんでこんなにヤな気分になるのか?
 考えてみると、きっと自分の心の奥の、出歯亀的なノゾキ趣味みたいな、あまり触れてほしくない部分が、このおっさんにシゲキされるんでしょうな。醜く卑しい自分を鏡で見ているように感じるんだ。たぶん。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-10 13:41

ビールの味

 4月の終わりころに私はカゼをひいて、今年のゴールデンウィークは主に家の中でグッタリと過ごした。その後は回復しかけたのだが、5月後半からまたぶり返したみたいな状態になった。
 以来、数週間たっても治るどころか少しずつ悪化しているくらいで、特に咳がひどく夜寝られないほどなので、めったなことでは医者にいかない私が何十年ぶりかで医者にかかった。
 カゼから気管支炎となり、炎症部分から菌が入るので治らないのだそうだ。炎症は肺にも拡がりつつあったという。
 炎症を抑える抗生物質やら、気管支を拡げる薬やら、それらの副作用を抑える薬やら、ドッサリもらってきて飲んだら、咳はすぐにおさまって楽になった。

 咳がおさまったのは良いのだが、病気のせいか薬のせいか、味覚がマヒしてしまったのにはまいった。おおよそ何を食べても同じ味で、元気が出るようにとうちの奥さんがせっかく作ってくれたキムチチゲのキムチが、スイカの白い部分のような味しかしない。
 ビールを飲んでもまずかった。私はビールが大好きで、爆弾酒一気飲みのあとでも、二日酔いの迎え酒でも、冷たいビールをまずいと感じたことはなかったのに、だ。

 もうこの際、特別な用事がないかぎり、子供と一緒に9時か10時ころ寝てしまうことにした。まだ少し頭痛が続いているが、だいぶ回復してきた。

 あーそれにしてもなー、体が丈夫なだけが取り柄で、こんなグズグズと何カ月も体調が悪いなんてことはなかったのになー。

 ……年のせいだろうか? イヤだなー。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-08 21:12

検察総長の辞職

 韓国Yahoo!で読んだニュースによると「韓国のイムチェジン検察総長がノムヒョン前大統領の逝去に対し国民に謝罪の意向を表明して辞職願いを提出した」「これで一連の捜査は事実上終結」っていう記事を読んだがこんなことでいいのか韓国の検察!

 ノムヒョン大統領は理念先行で独善的なところが鼻についたが、いわゆる「三金政治」との決別など、韓国政界に根強い権威主義や地域対立に風穴をあけた功績は大きい。
 ……と、思っていたら、大統領在任中に、その権威を笠に着て、本人でなくとも少なくとも家族は労せずして、巨万の富を得ていたわけだ。

 その捜査中に本人が自殺してしまった、と。
 これで真実が見つけにくくはなっただろうが、奥さんや息子や、彼らに群がった財界人に対する捜査は、当然続けられてしかるべきではなかろうか?

 ミもフタもなく書けば「収賄の容疑者が現実逃避的に自殺した」わけだが、それを「貧しい家庭から苦学の果てに大統領にまで登りつめたウリの大統領が非業の死を遂げた」ということで、その葬儀を韓国人はワールドカップに匹敵するような国民的行事に仕立て上げた。
 金日成逝去の際の北朝鮮でも見られた、自己陶酔的な集団ヒステリー、というのは言い過ぎか。
 ともかく、前大統領本人の意図とは関係なく、権威主義的といえばこれほどの権威主義はないだろう。

 そういう極端な権威主義に較べて、検察や警察や裁判官が国民に信用されず、権威がなさすぎるのが問題だよなー。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-03 23:07