<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

설날 특집

지난번에 그린 소원성취부가 일부에서 호평을 받았고 나 자신도 효과를 실감한것도 없지 않아 있었으니까 이번에는 설날 특집으로 "가는 곳마다 재보가 구름같이 모이고 모든 것이 자유자재로 된다" 는 최강의 영부적 "부귀안태부(富貴安泰符)" 를 정성스례 그려 봤다.
한일 양국에 몇사람 안되는 "おけつにいらずんばぽじをえず" 독자 여러분, 새해 복 많이 받으시고, 부자 되세요!

d0075839_15495877.jpg

>>대기화면 / 데스크탑 배경 / 카드사이즈 프린트 등 각종사이즈 퍼가기

덧씀 :
가수 아베마리아씨가 이 부적의 효능을 증명해 주었다.
>>イチパチ(^.^)☆★☆
>>富貴安泰符☆☆☆☆☆
[PR]

by kobugimori | 2009-01-27 13:16

新春スペシャル

 今年は26日が陰暦の正月だ。
 前回の所願成就符が一部で好評で、私としても効果を実感したことがなきにしもあらずなので今回は旧暦新春スペシャルとして「行くところごとに財宝が雲のごとく集まりすべてのことが自由自在になる」という「富貴安泰符」を精魂込めて描いてみた。
 日韓両国に数人の「おけつにいらずんばぽじをえず」読者여러분 새해 복 많이 바드시고 부자 되세요!

d0075839_15495877.jpg

>>ケータイ待ち受け/PCデスクトップ/印刷(カードサイズ)など各種サイズのダウンロード

 もっと大きなサイズをご希望の方はkobugimoriかたつむりgmail.comにメールをください。
[PR]

by kobugimori | 2009-01-25 15:54

引っ越したい

 新事業起ち上げの件でさいたま市の制度融資の窓口であるさいたま市産業創造財団というところに融資の相談に行ったのだが出てきたメガネデブは話もろくに聞かないままあー無理ですねー対象になりませんねーと木で鼻をくくったような対応に終始し結局申請書すらもらえなかった、こんなにバカにされた気分になったのはひさしぶりだぞさいたま市! 滅亡しろ! バカ!

 ちなみに県の制度融資の窓口である商工会議所のおっさんは話をきちんと聞いてくれてむずかしいかもしれませんねーとは言いながらも申請書一式に記入のしかたまでちゃんと説明してくれた。

 昨今の不況で双方ともすげー混んでいたのだが県と市とでは対応のしかたが大違いだったのでした。さいたま市は合併してからほんっとにろくなことがねー区役所ばっかり立派にしやがって!

d0075839_1245278.jpg
 まじムカつくこいつ! 青いスタッフジャンパーもダサダサ!
[PR]

by kobugimori | 2009-01-25 12:48

끝내주는 닛산 스포츠 쿠페

닛산 GT-R과 370Z이 한국에서도 판매된다고 한다. 명품지향이 강하고 일본제품을 워낙 좋아하는 한국 부유층에서는 많이 팔릴 것이다.
그런데 그에 비해서 미쓰비시 랜서 에볼루션은 오직 일곱대밖에 안 팔렸다고 한다. 영국에서는 블랜드 가치보다 성능이 평가 받아 경찰차로서도 대량 납입되고 있는데 한국사람은 그 가치를 모르는 것이다. 그들에게 있어서 자돈차는 허세부리기가 우선시돼 성능에는 별로 관심을 가져 주지 않는 것 같다.

그나저나, 나도 이효리도 타는 닛산차로 당신도 멋지게 고고싱~!

d0075839_16283953.jpg

[PR]

by kobugimori | 2009-01-21 16:27

光州5・18

 前回の記事が588だったので今回は518です。なーんて、不謹慎ですいません。

d0075839_13515969.jpg

「光州5・18」は、その名の通り1980年5月に光州で起きた韓国現代史上の一大事件を描いた映画だ。原題は「華麗な休日」といって、このときに政府軍内で使われた作戦名だそうだ。

 韓流映画だという先入観があるからか、笑えるシーンはわざとらしいし、後半、家族や戦友との別れと再会の場面が何度も繰り返されるのはクドく感じた。悲劇的なラストもちょっと盛り上げ過ぎだと思った。

 とはいえ、映画のスケールは非常に大きく、市街戦や全羅南道庁での攻防戦はリアルに再現されていて見応えがあった。
 当時小学生だった全羅南道出身の知り合いから、「事件のあとで学校に行くと、花が置かれた机がどの教室にもポツポツとあった」という話を聞いたことがあるが、その話の通りの場面がこの映画にもあって、切なくて泣けた。
 私はもともと反軍隊の非国民だが、この映画を見て、まことに軍隊とは自己防衛のための自己目的的な組織であって、市民・国民を守るためのものでは決してないのだという思いを新たにした。

 主演は、テレビでは世宗大王のキムサンギョン、この映画ではタクシー運転手だ。その弟役に日本でも大人気のイジュンギ、韓国映画の重鎮アンソンギも出ている。
 看護婦役のイヨウォンは、どこかで見たことがあると思ったら、私の大好きな韓国映画「子猫をお願い」に出てた人だった(余談だが、私はこの映画を見て、来世は女の子もいいかなと生まれてはじめて思えた)。
 彼女の体は細すぎて、あまり看護婦に見えないどころか、立って歩けるのが不思議なほどだ。40キロもないくらいじゃないだろうか?

 * * *

 光州事件を題材にした映画はいくつかあると思うけど、良くも悪くも忘れられないのが、のちに「テクノの女王」と呼ばれてNHK紅白にも出たイジョンヒョンのデビュー作「꽃잎(花びら)」だ。
 まだ10代半ばのイジョンヒョンが、事件に巻き込まれて頭のおかしくなった少女として、全裸で暴れるわ土方のおっさんにどつかれるわ犯されるわと大変な演技を見せる。
 彼女のこの演技が韓国芸能界で「あの子は神がかっている」という噂を呼び、歌手デビューしてからも新人なのに皆に怖がられてまわりに人が寄り付かなかった、と本人が語っているのを昔テレビで見た。
 決して愉快な映画ではないし私ももう一度見たいとは思わないが、90年代半ば、韓流映画鳴動期の重要な作品の一つではあるし、この時代の韓国でしか作り得ない徒花のような問題作なので、機会があればぜひ見てみてください。

>>光州5・18

>>子猫をお願い

>>花びら
[PR]

by kobugimori | 2009-01-18 13:51

ソウルの赤線地帯

 当初「つぶろぐ」に書いたことなんですけどこっちにも載せることにしました。ダブってるんですけど「つぶろぐ」もそのままにしておきます。

 私がハマったころの韓国は今と違ってマイナーな国だったので、ハマった理由を他人に理解してもらうのにはとても苦労した。
 私の母などは、どうもやっぱり韓国旅行=キーセンツアーみたいなイメージを持っていたらしい。たびたび韓国に出かける私に、自分の国の女性が外国人に体を売るのを見たらどんな気持ちになるかを考えて、そういうことだけはやってくれるなと言っていた。母も、米兵にしなだれる「パンパン」の姿を多感な少女時代に見て複雑な気持ちを持ったことがあったのかもしれない。

 ……と、いうようなことを、下の記事を読んで思い出した。

>>赤線地帯をうろつく醜い日本人観光客

 こういう露骨な形態の売春を容認してきた自分たちの姿を棚に上げて日本人観光客だけを「醜い」というのは、常に日本人を貶めようとする韓国マスコミの悪いクセだとしても、韓国人からすればたしかに愉快な話ではないだろう。
 それにしても、韓国ではここ数年「売春」がきびしく取り締まられたはずなのに、ふたたびのこの興隆はどうしたことか。まあ、「かけ声倒れ」「大風呂敷」「尻すぼみ」は、韓国人の得意技ではあるんだけど。

 ともあれ、そういうところに行きたい日本人観光客のみなさん!
 もともと「女性」の値段が安い上に昨今の円高ウォン安で、割安感からやりたくなる気持ちはよーくわかるんだけど、私としては、前述の、亡き母の言いつけもあるので、お金で買うようなHはいたしません。
 それに、日本人と韓国人とは何が違うかと言えば性癖が違う。韓国人は何かにつけ単刀直入を好むので、日本人のような粘着的なHは好まれない、いはんや赤線地帯においてをや。
 行くなとは言わないが、値段なりの素っ気なさを承知の上で、くれぐれも恥じらいと後ろめたさと遠慮とを忘れないようにしていただきたいと思います。
 ついでに言えば、狭いポジャンマチャで下品に盛り上がる韓流おばさん軍団もだ。いたたまれないよ。



↑ 清涼里駅から赤線地帯を抜けてバス通りを渡ったところ(うろ覚え)にあるバラックみたいな飲み屋、赤塚不二夫似のアジョシがいい味(在韓亭17年さん提供)。
[PR]

by kobugimori | 2009-01-13 15:13

あけまして

おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

私にとって、
皆さまにとって、
2009年が良い年でありますように!


e0099250_1713966.jpg

[PR]

by kobugimori | 2009-01-01 17:05