<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

先走る韓国人

 アメリカ産牛肉の輸入再開をめぐって騒然としていた韓国情勢。
 しかしここにきて、世論沸騰のキッカケとなったテレビ番組の信憑性に疑問符がつき、反対運動も、多数の一般市民が参加するろうそくデモから、市民運動の専門集団が主導する過激なものに変質してきたみたいだ。これでたぶん、牛肉をとりまく社会の雰囲気は、一時の盛り上がりが嘘のように、相当に白けたものになるのではないか?

 先走って大騒ぎする韓国人の国民性。
 これが、肯定的(?)に作用すれば、たとえば90年代末の外貨危機の際、IMFに対する債務の迅速な返済におおいに役立った。もっとも、外貨危機を招いたのも「先進国入り」を先走りすぎた国民性の結果ともいえるわけだが。
 2002日韓ワールドカップでの韓国チームの快進撃も、一番の原動力になったのは、お揃いの赤いTシャツを着て集団で陶酔する韓国人の念力だといえる。

 しかしたとえば、ソウル大教授が望ましい結果を得るために先走ってES細胞を捏造しちゃったときには、発覚したのが、この教授の名前を冠した研究センターや記念切手、子供向けの偉人伝などを先走って作っちゃった後だったりして、恥ずかしさを倍増させる結果となった。
 日韓の間で何年かに一度かならずまき起こる領土問題や教科書問題なども、内容が吟味されないまま、日本に対する攻撃がそのまま目的化しちゃうから始末が悪い。私なんか、日本人としては相当に韓国寄りの売国奴だが、それにしても韓国世論に全面的には同調できない。
 騒ぎの最中の韓国人*とは、まともな話ができない。騒ぎが鎮まるのをただ待つしかない。

*この場合の「韓国人」て、社会の雰囲気とかマスコミの論調とか知識人や政治家の発言とか、いわゆる「世論」とかを象徴する概念としての「韓国人」ね。韓国国民の一人一人がすべてまともでない、ということではもちろんありませんです。

 李明博大統領の、就任前の圧倒的な支持率は、就任後の人事の失敗や今回の牛肉問題で一気に下がった。しかし、大統領のこれからの重要課題の一つが、公務員改革だという。大統領の権限が強く、手続きの正当性よりとにかく結果を出すことが優先される韓国では、改革のスピードが日本とは比べ物にならないほどに早い。大統領が進める改革の方向が、国民の気持ちと合致すれば、地に落ちた支持率がふたたび急上昇ということも、十分あり得ると私は思う。

 韓国社会はジェットコースターみたいだからおもしろい、外から見ているぶんには。深入りすると疲れるけど。
[PR]

by kobugimori | 2008-06-28 23:30

地球外生命体捕獲

 私は最近、医学の教科書の解説イラストを描く仕事をしているのだが、単調でつまらねーんだこれがまた。
 創造的な喜びや楽しみは、ほとんどゼロと言っても過言ではない。
 大量にあるからこれで何カ月かはやっていけそうで、ありがたいことではあるが、やる気が出ねー。

 と、グチっぽくなってしまったので、先日見たB級SFホラー超大作「地球外生命体捕獲」に出てきた宇宙人を描いてみました。
d0075839_1850462.jpg
 地球に来て人類を研究している割に、知能が高そうには見えなかった、全裸だし。
 ただ、主人公の兄ちゃんは男の私から見てもけっこうカッコ良かったと思うよ。

>>「地球外生命体捕獲」アミューズソフトエンタテインメント
[PR]

by kobugimori | 2008-06-23 18:40

アール・ブリュット

 先日のナンシー関の回顧展のあとに、実はもう一つ展覧会をハシゴした。新橋の松下電工 汐留ミュージアムでの「アール・ブリュット/交差する魂」展だ。

 アール・ブリュットって誰? とお思いの方も多いでしょう。私もそうでした。ところがこれ、人の名前じゃなくて「生の芸術」という意味のフランス語だそうだ。
「アウトサイダー・アート(精神障害などで社会から疎外された人たちが意図せず生み出す芸術作品)」という言葉がやっと世間に認知されだしたところで、なぜまた「アール・ブリュット」などと気取った言葉を使いたがるのか、まったく理解に苦しむのだけれども、内容には関係ないし、まあ、よしとしましょう。

 全体として、散漫なの印象がなくはないけれども、少なくとも「アウトサイダー・アート」というのは、美術の特定の「ジャンル」ではないので、これもまあしょうがない。
 ひとつひとつの作品は、ヨーロッパと日本の代表者を集めたようなものだから、どれも見応えがあって、シゲキ的でした。

 これらの「アウトサイダー」の作品が、なぜこうもシゲキしてくれるのか? といえば、無意識のうちに植え込まれてしまった私たちの美意識とか価値観とかの体系を、根底からグラグラと揺さぶってくれるからだろうと思う。
 たとえば、絵のモチーフが「美しいお姉さん」「水着を着たお姉さん」「フリルのブラウスを着たお姉さん」という、私も大好きなものなのに、私が思い描くそれらの「お姉さん」との、凄まじいまでの距離。久保田洋子という人のこの作品の前では、目眩をこらえてただ唸るしかありません。

 ともかく言葉ではとても説明できないので、ナンシー関展とは違ってポップじゃないけど、退屈な日常にシゲキの欲しい方、ぜひ行ってみてください。おすすめです!

>>ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
>>松下電工 汐留ミュージアム
d0075839_0332594.jpg

[PR]

by kobugimori | 2008-06-19 00:26

志あるお言葉

「自信を持って(死刑を)執行できる人を選んだ」
−−−鳩山邦夫(法務大臣)

「イランで誘拐された学生の救出費用は自己負担で」
−−−笹川堯(衆院議院運営委員長)

 …だってよー! 自信満々で死刑を執行し、犯罪被害者には救出費用を請求だと! 国のあり方として、いいのかホントにこんなんでよー!

 セレブな坊ちゃん議員から明日の見えない派遣社員まで、日本中が2ちゃんねる的に軽薄で殺伐とした空気に支配されてるんじゃね?

 オレはもともと非国民だが、ますます愛国心がなくなったよ。
[PR]

by kobugimori | 2008-06-17 16:04

ナンシー関

 仕事がたまって忙しくしているうちに、ブログのネタもたまってしまった。ちょっとこれから何日かはがんばります!

 * * *

 私はイラストを描くのも見るのも好きだが、若いころにいちばん好きだったのは、霜田恵美子というイラストレーターだ。
 霜田恵美子は、昭和30年代の雑誌の挿絵や絵本などを彷彿とさせる、レトロでキッチュな絵を描いていて、ビックリハウスや宝島などを中心に活躍していた。
 タモリの大きな似顔絵が、笑っていいとものセットに使われ、タモリがそれを評して「金日成主席みたいだ」と言ったのもおぼえている。
 しかし彼女は、80年代の半ばにニューヨークに移住して以降、音沙汰がなくなってしまった(気取ったアーティストならともかく、泥臭い感じの霜田恵美子がニューヨークに移住した、というのは意外だった)。

 霜田恵美子なき後のイラスト界に、消しゴム版画という脱力の技法とともに登場したのが、ナンシー関だ。
 原色多用の霜田恵美子に対して、ナンシー関はその技法上ほとんどスミ一色なわけだが、顔だけ大きく描くところと、たいてい一言台詞が入るところがよく似ている。
 その後の活躍については、皆さんもご存じの通り。おこがましくはあるが、私もずいぶんと影響を受けた。

 * * *

 彼女の心臓が突然止まってはや6年、渋谷パルコで回顧展が行われ、私も先日見に行った。
 平日の午前中にもかかわらず会場は混雑していた。なにしろ、彼女の味わい深いイラストと、その原版である消しゴムスタンプが5,000点以上も展示してあるのだ。なかなか人が進まない。どう考えても会場が狭すぎるが、主催者は、これほどまで人が集まるとは考えていなかったのではないか? 会期最後の週末である今日明日など、きっと長く進まない列がいつまでも途切れないだろうと思う。

 しかし、混雑しているぶんゆっくり見られたから、それほど不快ではなかった。
 スタンプの実物は、予想以上に小さく、精緻に彫られていた。
 陰毛の1本1本まで板に彫ったという江戸時代の春画を思い出し、つくづくと日本は版画の国だと思った。そういえば、役者の大首絵で一世を風靡した写楽という絵師もいた。ナンシー関は、現代の浮世絵師だったのだ!

 会場の一角には、彼女の仕事部屋が再現されていた。本棚は、大部分が自身の本だったが、「篆刻辞典」とか「人物の描き方」みたいなマジメな本もあった。私も持っている、別冊宝島「変態さんが行く!」を見つけたときには、巨匠が身近に感じられてうれしかった。

 出口の売店で、リリー・フランキーとの対談「小さなスナック」を買った。会場では、絵を見ながら終始ニヤニヤと含み笑いをこらえることができなかったが、帰りの電車でその本を読み、10年後の自分について語り合っているページでは、泣きそうになった。

 * * *

 私は韓国好きではあるが、いわゆる韓流にはほとんど興味がなかった。しかし、ナンシー関が生きていたら何を書くか、誰を描くか、ということはブームの最中いつも思っていた。ウォンビンやファン シネなど、彼女の描いた絵が目に浮かぶようだ。きっと韓国でもウケただろう。
 また、ヤワラちゃんの結婚式など、自分では絶対見ないがナンシー関には見てほしい、というイベントやテレビ番組がいくつかあった。
 今も、浅田真央とかエド・はるみとか、彼女に彫ってもらいたい人は何人もいる。そういえば、水野晴郎のデスマスクもぜひ残してもらいたかった。
 考えれば考えるほど、惜しい人を亡くしたという思いが強まる。

 * * *

 彼女に敬意を表し、版画風の絵を描いてみた。モノクロにしようかと思ったが、晩年はフォトショップで彩色もしていたというから、カラーにした。

d0075839_14572112.jpg

 ナンシーだから、金髪にしました。

>>ボン研究所
[PR]

by kobugimori | 2008-06-15 14:58

ビビンパ

 今日はアルバイトで夜がちょっと遅くなったので、お惣菜の売れ残りでも買って帰ろうと思ってスーパーに寄った。

 すると、あっナムルセットが安くなっている、よしこれでビビンパにしよう簡単だし。ということで今日の晩ご飯決定。
 刺身も入れたらどうか? と思い刺身コーナーでだいぶ値引きされたイカそうめんを発見。ブツ切りマグロと迷ったがイカにした。

 どんぶりのご飯の上にナムルセット、イカそうめんとそのツマも少し、韓国海苔のちぎったのを並べてゴマをふった。
 そして、どうせまずかろうスーパーのナムルの風味を、少しでもマシにしようと思い、フライパンで熱ーくした少量のゴマ油をチュワチュワっとかけた。

 そうしたら、これがまた期待以上にマシッソヨ! 熱いゴマ油で海苔の香りがたった。ビビンパの具にイカそうめんもバッチリ!
 まあ、よーくビビョビビョすりゃあ何でもウマくなるもんだ。

 오징어비빔밥、星三つです。
d0075839_2292821.jpg

[PR]

by kobugimori | 2008-06-05 22:09

本日のパスタ

 スーパーに行ったらトマトがおいしそうだったので、今日はまたスパゲティを作ることにした。
 トマトの他、アスパラ・ズッキーニ・シメジ・小粒ホタテなどが安かったので買ってきた。

 半端に残したら結局もったいないことになっちゃうので、買ってきたもの全部使ったら、すげぇメガ盛りになっちゃった…。

 自転車のおかげでせっかく痩せつつあったのに、この1食で台無しだ。
 でも、ズッキーニ・シメジ・ホタテにフレッシュトマトがよくなじんでジューシーでおいしかった。まあ、ヨシとしましょう。

 反省点としては、
・アスパラは細いからいいやと思って下茹でしなかったから、
 スジっぽくなっちゃった
・ホタテが入るからベーコンはいいや、と思ったが、入れた方がよかった

 そしてやっぱり、
・量が多すぎた
ということです。

 明日から忙しいし、もうすぐ奥さんたちも帰ってくるので、一人で作って食べるのは今日が最後かも…。

e0099250_2321432.jpg

 あっそうだ、これを書いてて思い出したけど、最近、料理の番組なんかでよく「具材」という言葉を使うが、私は、この言葉が耳障りでしかたがない。いつ、誰が言い出したんだろう? こんな言葉は最近までなかったはずだ。
ぐざい
という響きが、食べ物を表す言葉として、まことにふさわしくない。食べ物の話の最中にこの音を聴くと、そのたびにゲンナリして食欲がなくなります。


 …私だけですかね?
[PR]

by kobugimori | 2008-06-03 23:26

IKKOのキレイを磨くin韓国

 私は同性愛者ではない。私が興味あるのはお姉ちゃんだけで、すべての男はどーでもいい。

 ただし、この社会のシステムとか秩序とかに寄りかからない、オカマや在日外国人の自立した生き方は、良いと思う。
 また、社会の少数派に属するこういう人たちは、人生の節目のたびに、多数派のそれよりも激しく強い葛藤を経験するから、そのへんのおっさんより言葉に実がある。

 そんな自立したオカマの代表(?)であるIKKOさんの韓国本「IKKOのキレイを磨くin韓国」という本が出た。

d0075839_13465975.jpg

 美容もコスメも私には無縁だが、色とりどりな化粧品の写真を見ていると、こういうものを選んで買うときのお姉ちゃんたちって、きっとフェチっぽい快感を感じるのだろうなーと、ちょっとその気持ちがわかったような気がした。

 それにしても、少し前までは、韓国で化粧品を買うといえば、免税店で外国ブランドを買う、という意味ではなかったかと思う。韓国製の化粧品て、いま人気あんだね…。
 IKKOさんは韓国政府から表彰されるべきだね!

d0075839_14102472.jpg

 化粧品ばかりでなく、食べ物やお茶などの記事もたくさんあって、男の私でも楽しめた。
 韓国に行きたくなってため息が出た。

 * * *

 実は、私はIKKOさんと同い年だ。
 IKKOさんは、2カ月に1回韓国に行き、いつも新羅ホテルに泊まるそうだ。それに引き換え私は、せいぜい年に1回、泊まるのは新村ロータリー外換銀行裏手の1泊3万ウォンの汚いラブホだ。
 新羅ホテルじゃなくてもいいから、もう少しきれいなところに泊まりたい、とは思う。

 …はあ〜あ…。


>>どんだけ〜! の法則
>>IKKOのキレイを磨くin韓国
[PR]

by kobugimori | 2008-06-02 13:53

촛불 집회

미국산 쇠고기 수입재개반대집회는 어느 TV프로가 계기가 된 것 같은데 왜 그렇게 고조되는 것일까?

한국산 쇠고기도 몇년전까지는 사료에 육골분이 사용되었었다고 하니까 절대로 안전하다고 말할 수 없을 터인데. 또 수입 쇠고기 이상으로 검사가 엄격하다고 생각할 수도 없고.

다른 축산물들도 구제역이라든지 조류독감이라든지 국내에서 빈발하고 있는데 왜 미국산 쇠고기의 위험성에만 고집하는 것인가?

일종의 ʻ축제ʻ 가 아닐까 하는 생각도 해 보는데 사실은 어떨까?
누군가 이렇게까지 고조되는 이유를 가르쳐 주셨으면 합니다. 집회에 참가 하신 분의 댓글을 기다리겠읍니다.

그렇다 치더라도 이명박 대통령은 취임전부터 문제가 많았지만 취임한지 석달 지나 더욱 더 궁지에 처해 있는 모양이네요.

d0075839_16184024.jpg

[PR]

by kobugimori | 2008-06-01 17:15

牛肉デモ

 アメリカ産牛肉の輸入再開反対デモ、テレビ番組がきっかけになったらしいけど、なんであんなに盛り上がるんだろうか?

 韓国産牛肉だって、数年前まで飼料に肉骨粉を使っていたっていう話だから、絶対安全だということはないと思うんだけど。輸入牛肉以上に検査が厳格だとも思えないし。
 他の畜産物だって、口蹄疫とか鳥インフルエンザとかが国内で頻発しているのに、なぜアメリカ産牛肉の危険にばかりこだわるんだろう?

 祭りですかね?
 どなたか、こんなに盛り上がる理由を教えてください。

 それにしても李明博大統領、就任前からいろいろあったけど、就任して3カ月たって、ますます窮地に立たされてますな。

d0075839_16184024.jpg

[PR]

by kobugimori | 2008-06-01 13:11