<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ミニベロ

 私の自転車はいわゆる「ミニベロ※」なもんで、書店でこんな本をみかけてつい買ってしまった。
d0075839_13451014.jpg
 しかしなんというか、表紙は最低ですなあ。小径車の持つ、気軽さや気持ちよさ、オシャレっぽさなどとは無縁の殺風景でそっけない表紙だ。よくこれをOKにしたもんだ。
 でも本文には、ステキな自転車の写真がたくさんあって、「ミニベロの伝道師」石井正則による各自転車の試乗記のほか、私の好きな水野美紀とかウルトラマンの娘(吉本多香美)とかのキレイどころも出ていたのが、購入の決め手になった。

 書店にはこのほかにも、自転車関係のさまざまな雑誌や本ががたくさんあって、あらためて昨今の自転車ブームを実感した。
 このブームによって、自転車が21世紀型・先進国型の交通手段として広く再認識されるまでになればいいな。と、思いました。

※ミニベロ
 ホイールのサイズが24インチ以下の大人用自転車をミニベロというらしい。
 ただ私としては、来歴不明のカタカナ言葉はなるべく使わない主義だし、しかも「みにべろ」という音もゲヒンなので、あまり使いたくないんだけど…。

>>ミニベロ街乗りバイブル
>>
自転車生活
[PR]

by kobugimori | 2008-05-31 13:45

コービ犬

 こんにちは! ぼくたちコービ犬! コービが大好き!

d0075839_14211448.jpg
     (C) コブギモリ

 もともとぼくたち戌年の年賀状だったんだ! かわいくて本人も気に入ってたし友だちにも評判が良かったんだけど、カタブツのおばさんから
「目上にこんなもの出すなんて、社会人として失格よ!」
ってギンギンに叱られちゃったの!
 でもかわいいから、このブログのキャラクターとして復活したよ!
 ライバルはひこにゃんとリラックマ!

 これからもよろしくね!
[PR]

by kobugimori | 2008-05-26 14:22

タイトル変更

 亀というあだ名の私の日記、という意味で「亀日乗」としてはじめたこのブログ。
 内容の濃さにはある程度自信があったものの、アクセスが伸びないため、韓国がらみの話題を中心にしようと「かんこくだもの」とタイトルを変えた。
 最近ではこのタイトルで検索してくれる人も多いから、ある程度は認知されたようだ。

 しかし私も、そう年中韓国のことばかりを考えているわけではない。韓国がらみで書きたいことはまだまだ多いのだが、無責任にダーっとたくさん書きまくるようなものにはしたくない、というか私の性格上そうできないから、書くとなるとそれなりに時間と労力が必要だ。ところが最近は仕事が手にあまって時間的にも精神的にも余裕がない。

 また、音楽や自転車などの韓国以外の話題や、ごく個人的なことも書いておきたい、という気持ちも強まって、優柔不断な私は、またまたタイトルを変えることにした。
 何を書いても良いように、今度のタイトルにはまったく意味を持たせないことにした。

 今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by kobugimori | 2008-05-26 14:15

サドルとア○ル

 自転車に乗るようになって1カ月、腹回りが1cmへこんだ (^e^)Y

 天気の良い日に自転車に乗りながら体に受ける風は、心に浴びるシャワーのようだ。私は、体も心もどんどん健康になってゆく。
d0075839_22462147.jpg
 しかしその反対に、自転車によって害されるのでは? と不安になるのが、泌尿器系の健康だ。
 ケツっぺたが痛いのは我慢できるし、慣れてきそうな気もする。しかしケツの谷底(=私のもっともビンカンな部分)が、サドルによって長時間圧迫されるのは、ヤバい。特に、会陰からア○ルにかけては、擦れてヒリヒリしてきたりする。
 そこで、みなさんどうしているのだろうか? と思い調べてみた。

 まず、サイクリング用のパンツね、ぴっちりしてるヤツ。あれには股の部分にパッドが着いているそうだ。だからスポーツ車の細いサドルに長時間またがっても痛くならない。なるほどねー。
 しかも、パッドにはワセリンを塗ったりするんだと。やっぱり、ア○ルにはワセリンだ。これこそ、Bread'n Butterだといえるだろう。
 ただし、普段からアレははけないし、私のヤツみたいなユルい雰囲気の小径車には似合わないでしょう。

 でも、それをふまえてよく考えてみると、私の場合、下着のトランクスがシワになってケツに食い込み、ビンカンな部分をシゲキするのだ、ということに気がついた。
 ならばパンツを替えてみよう。トランクスをやめ、ピッタリ&モッコリのボクサーパンツをはいた。すると、これが非常に具合が良い。シワになって食い込まないので、ア○ルのヒリヒリがなくなった。

 あわせて、サドルの位置と高さを調節した。
 サドルの位置は、取り付け部分のボルトを緩めれば、位置の前後と角度とをビミョーに調節できる。
 また、ママチャリ感覚から抜けきれず低めだったサドルの高さも、セオリー通りつま先で立てる程度にまで上げた。
 すると、これまでケツに集中していた体重が、腕にも分散されるからだろう、体重が軽くなったように感じられ、ケツもそれほど痛くならない。2時間くらい連続で乗っても平気になりました。

 よかったよかった♪
[PR]

by kobugimori | 2008-05-25 22:49

今日のオカズ

 今日の晩ご飯は、カマスの干物・冷や奴・小松菜のみそ汁、という民宿の朝食みたいになってしまった。
d0075839_2203913.jpg
 カマスの干物は身が蛋白で香ばしくて大好き。2尾パックを、ビールとご飯とで1尾ずつ食べちゃった。自転車に乗るようになってせっかく少し痩せたのに、一人でご飯を食べると一人前の量が増えて太りそうだ。

 みそ汁は、熱くした鍋に少量のゴマ油をなじませ、小松菜を炒め、熱湯を加えて味噌を溶いてできあがり、という簡単なもの。
 短時間でできるため、小松菜が色鮮やか&パリパリ。ゴマ油のコクで、ダシを入れなくてもおいしい。
 具はなんでも良いが、小松菜のように歯ごたえの良い材料の場合は、あらかじめ根もとを斜めに切って冷水にさしてシャキっとさせる。また、必ず熱湯を加える。水から煮ると煮えすぎてしまう。
 ニンニクの好きな人は、ゴマ油にニンニク少量をいれてもグー。

 豆腐は、「男前豆腐」というメーカーのものだった。「男前」なわりにグズグズで軟弱だったが、箸でつまめないほどではないのでヨシとしましょう。

 どうも最近、パッケージはカッコいいのに中身がフニャフニャ、プリンなみに軟弱な豆腐が流行っているようでなんだかイヤだ。プリンだっておいしいのは固いぞ。
 そこいくと韓国の豆腐は濃くて固くてうまい。あー思い出したら喰いたくなったなー。
 日本でも有名になった純豆腐(スンドゥブ)のように、やわらかくて滑らかな豆腐も韓国にはあるが、ステンのチョッカラでも普通にはさめるような、トゥブキムチの豆腐みたいなヤツを食べたい。

 そうだ、明日はおいしい豆腐とキムチを買って두부김치を食べようっと♪
[PR]

by kobugimori | 2008-05-24 22:01

今週のにじ屋

 今日はさいたま市役所で「うなぎまつり」をやっていた。
 ちょっと見に行ったら、浦和のうなぎのキャラクターである「うな子ちゃん」をデザインしたやなせたかし先生が、アンパンマンたちを引き連れて直々に歌を歌っていらした。アンパンマンよりうな子ちゃんの着ぐるみが見たかったのに、見当たらなくてがっかり。
d0075839_18481520.jpg
 上の写真がうな子ちゃん。「ち○子ちゃん」にも見える。

 外に出たついでに、ついまた「にじ屋」に寄ってしまった。
 今日の収穫はこれ。
d0075839_1848615.jpg
 これからの季節にまったくそぐわない、SUGAR CANEというメーカーの、生地厚め色ハデめの太い縦縞シャツと、BENETTONのデニムのジャンパー、2点で700円。

 そして今週のチラシがこれだ。
d0075839_18204393.jpg
d0075839_18205388.jpg
 表紙の牛の絵なんかすげーよなー。毎回そうだが、印刷の質の悪さと、たぶん0であろうギャラとをまったく意にかけないセンスと情熱がすばらしい。デザイナーの仕事とは本来こうでなければならない。

 チラシを見ると、5月31日(土)17:40から、お台場潮風公園でスーパーちんどん虹の公演がある。 私もぜひ行きたいが、最近は週末も休めねーことが多い、なにしろワーキングプアで…。
(iдi)/
 それはともかく、7月20日の、Nisney paradeというのも激しく気になるんだよなー。
d0075839_18244071.jpg
 この前まで「埼玉大学東門より自転車で5分」という意味不明の案内が出ていた地図が改善されました。
 みなさんぜひ行ってみてください。

 ※にじ屋とスーパーちんどん虹については下の記事もどうぞ。

>>青いバッグ
>>にじ屋の「isinger」
[PR]

by kobugimori | 2008-05-24 18:51

今日のオ・カ・ズ♪

 あさりの和風パスタ。
e0099250_2328464.jpg

 麺をゆでつつ刻んだニンニクと唐辛子をごま油で炒めて香りを出してアサリ&酒投入。口が開いたらゆであがった麺&万能ネギ、醤油少々をからめてもうできた!
 熱いうちに一気食い、ウマー(゜Д゜)

 今日もおいしかったです、ごちそうさま!
[PR]

by kobugimori | 2008-05-23 23:50

豚キムチと自転車

 奥さんと娘が帰省中で独身状態。今日は豚キムチ炒めを作って食べた。
 スーパーのキムチは甘くてクドいので、刻んだ生姜と炒めて少しサッパリさせた。マイタケと万能ネギで食感に多彩さを加えたところがミソ。
 お皿に山盛りにできたから、2回にわけて食べようと思ったのに、おいしくてビール2缶とご飯で、全部一度に食べちゃった。
d0075839_1310094.jpg

 小さな子供がいると、普段はゆっくり映画も見られない。一人でいる今、ケーブルテレビのオンデマンドで何か見ようと思い立ち、物色したあげく「CHAIN」というホラー映画にした。
d0075839_1314354.jpg

 自転車メッセンジャーのアンは、気まぐれから自転車警官のクリスとヤってしまう。クリスのサディスティックな性癖に激しく後悔したアンは、ステディな恋人マイケルと山にMTBを乗りに行く。するとそこにクリスが現れ、アンの目の前でマイケルを惨殺する。山奥を舞台に、自転車による激しい追走劇の幕が切って落とされる! 衝撃のサイクルホラー超大作!

 な、わけですけど、あんまり恐くなかった…。カメラワークと音楽はすばらしかった。
 台詞は英語だが、状況設定の緊迫感と、ハードテクノな音楽がドイツっぽい? と思ったら監督がやっぱりドイツ人みたいだ。追うのも逃げるのも自転車、っていう設定もさすが自転車大国ドイツ。いくら予算がなくても、他の国の人には発想できないのでは?

 ホラーを期待する人には物足りないだろうけど、自転車好きの人には激しくお勧めしたいです。他にないもの、サイクルホラー。

>>配給会社のアルバトロスによる「CHAIN」紹介ページ
>>「CHAIN」原題「Blood Trails」のオフィシャルサイト
[PR]

by kobugimori | 2008-05-22 22:23

バックミラー

 軽車両として車道を走るのが原則で、速度の差から自動車に追われるのが必然の自転車に、なぜバックミラーがついていないのか?
 気休めにすぎないとしても、振り向かないと後方の様子がまったくわからないことが、自転車に乗りながら私は不安でしかたがない。私のような小径車は振り向くたびにフラつくし。 

 と、いうわけで、バックミラーをつけてみました。
d0075839_21533385.jpg
 ルックス的には、高いメッキのヤツ買ったからまーそんなにチープな感じはしないけど、ちょっと所帯染みてるかな…。
 ただし乗っていて安心感が増したのは確か。自転車ライフ初心者の私がいうのもナンですが、

バックミラーはつけた方が良い。

 デザインや種類も、調べてみるとけっこうあった。

 後方の確認はするにせよ、自転車の女子高生のスカート内などは、なるべく見ないようにします。
[PR]

by kobugimori | 2008-05-19 22:01

위기에 처한 현대 재팬

일본은 도로 사정이나 작은 것을 좋아하는 국민성등으로 소형차 천국이다. 카매니아가 아닌 내가 조금 생각한 것만으로도 vits/march/demio/swift/fit등이 떠오른다. 어느 회사의 어느 차종도 우수하고 더 작은 경차에는 더 많은 차종이 있다.
또 이탈리아나 프랑스를 비롯해서 세계 각국에서 멋진 소형차가 잇달아 들어온다.

그렇게 포화 상태에 이른 일본의 자동차시장에 끼어들려고 한다면 상당히 뾰족한 부분을 가지고 있어야 한다.
d0075839_16551050.jpg
d0075839_038091.jpg
이 정도로 개성이 뜨렷하지 않으면 배가 부른 일본 소비자들을 뒤돌아보게 만들 수 없을 것이다.

그런데 현대자동차의 새로운 세계 전략차 i30는 어떨까.
d0075839_16553245.jpg
나쁘지는 않지만 무난하고 수수한 디자인이다.
새로 나온 것인데도 어디서 본 것 같은 분위기이다. 뾰족하지는 않다.

----------------------------

미국이나 유럽에서 한국차가 성공한 것은 일본차가 쌓아 올린 소지가 있었기 때문이다.
우리가 흔히 프랑스와 이탈리아를 "라틴계" 등으로 일괄로 하듯이 구미인들은 일본과 한국을 같은 계통으로 본다.
일본차가 우수하기 때문에 같은 계통인 한국차도 우수할 것이라고 생각하고 있다는 말이다.
물론 한국회사도 노력은 했을 것이다. 그러나 일본회사가 쌓아 올린 신용이 있었기 때문에, 구미인들은 신참인 한국회사에 편견도 가지지 않고 회의심도 안지 않고 당초부터 호의적으로 받아 들였다는 것은 부정할 수 없을 것이다.

하지만 일본소비자는 다르다. 일본과 한국과는 동계통이라고 생각하지 않는다. 게다가 자동차 산업의 역사의 차이에서 아무래도 한국차를 일본차보다 낮게 보기 마련이다.

다시말하자면 구미시장과 일본시장과는 근본적으로 다르다는 것이다. 구미에서 잘 팔리니까 일본에서도 팔릴 것이라는 현대자동차는 인식이 너무나 부족했다.

지금까지의 이야기를 정리하면 다음과 같다.
즉 일본 시장에서의 한국차의 경쟁 상대는
1. 다종 다양한 일제 소형차
2. 멋진 유럽차
3. 한국차 (제품) 에 대한 편견
이라는 것이다. 한국차는 일본에서 이 모든 장해를 물리치며 나아가야 한다.

이것은 구미시장을 개척했을 때의 일본 기업보다 더 험한 길이다. 지옥이다. 현대는 스스로 일본시장이라는 지옥에 발을 디뎌 버린 것이다.

하지만 그렇게 까다로운 일본시장에서도 휴대폰과 같은 전자제품 분야에서는 LG나 삼성등이 조금씩이나마 존재감을 높여 왔다.
현대자동차도 차종을 잘 골라 끈질긴 노력으로 한국차의 황무지인 일본시장에 침투했으면 좋겠다. 한국을 좋아하는 나도 미력이나마 응원한다.
[PR]

by kobugimori | 2008-05-17 23:47