<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

大相撲春場所

 韓国に新しい大統領が就任した昨日、日本では大相撲春場所の番付が発表になった。

 かねてより注目していたポヂさんこと寶智山は少し番付を下げて西十両六枚目に、代わってポヂひかりこと保志光はジワジワと番付を上げて西十両筆頭に上がってきた。この場所で勝ち越せば次は幕内に入るだろう。

 ちなみに、保志光の本名はドゥブチン・ハグワーだって。
 しこ名がポヂで、本名がドゥブチン…。
[PR]

by kobugimori | 2008-02-26 12:30

スカ(その2)

 スカがらみで最近のヒットが、前述のSKAGUITARと、もうひとつこれ、

>>Moody★Rudy

 まず、メンバーが日韓混成だっつーところが何をおいてもすばらしい。かねて両国の友好を願ってやまない私としては、無条件で応援したい。
d0075839_0353718.jpg
↑最近のヒット、とはいってもこの「くむるのり」が出たのは実はもう2年も前なのでした

 曲には迫力と勢いがあって、若いってすばらしい! っていう感じ。くむるのりっていうから9人いるんだろうけど、大所帯なのに演奏もタイトでまとまりがよい。
 スカアレンジで韓国語で歌われる「ジンギスカン」はHappyな気分で踊れるし、「猪突猛進」は私が格闘家としてデビューしたらぜひ入場のテーマに使いたい。
 機会があれば、ライブにも行ってみたいです。

 ただし、やっぱり若さゆえか、インディーレーベルの限界か、CDなのに圧縮し過ぎのmp3みたいな音質は残念だったなー。
 金属の管が合わさったときの、ヒビキとかウナリとか、ヨインとか、そういうものが弱いのよ。オーディオ評論家じゃないからよくはわからないけど、ダイナミックレンジに余裕がないのかな?
 ボトムも、量はあっても質がいまいちで、私の好きな、前立腺を震わすような低音とはほど遠いのでした。

 それともう一点。メンバーや他のファンがどう思っているのかは知らないが、このアルバムの最後に「アリラン」が流れたときには、それまでの曲で分泌されたアドレナリンが一気に蒸発したみたいに、がっくりと脱力した。
 まるで、全斗煥政権時代の「健全歌謡※」だ。

※子供を大切にしようとか、公正な商売をしようとかいう、詩も曲も北朝鮮なみのセンスの歌。全斗煥政権末期のころの韓国の音盤は、最後にたいていこれが入っていた。コイツのせいで、どれほど気分が盛り上がっても、いつも最後にぶち壊し。その後時代が変わり、こんなものは入らなくなったが、なくなってみるとしばらくはちょっとさびしかった。

 スカでも、もっとユルくて、マッタリしたスカならいいですよ別にアリランだろうがスリランだろうが。
 でも「スカコア」っつーことはさー、スタイルこそスカであれ精神はパンクでしょ? だったら、こんな毒にも薬にもならないギミックはやってほしくなかったよなー。

 どうせなら、エグッカとかキミガヨとかをギンギンのスカアレンジでやったら、ジミヘンのThe StarSpangled BannerやピストルズのGod Save the Queenみたいに歴史に名前が残る(?)のに。

 ともかく今後ともがんばっていただいて、聴く人の脳に耳からスッカラを突っ込んでビビョビビョするような、そういうバンドになっていただきたいと、思いました。

※アイゴ、これを書いてから、私の頭の中でスカアレンジのエグッカが止まらなくなっちゃった! みんなの頭の中でもやってみよう!

[PR]

by kobugimori | 2008-02-23 00:40

石原バカ

 石原都知事が、新銀行東京の経営が破綻していることについて、責任を全部最初の経営陣にばっかりおったけてやがる。

 こいつは何か問題が起こると必ず人のせいにすんだよ。

 だいたい新銀行東京だの、首都大学東京だの、実存が属性を修飾するような倒錯した名前をつけたのは誰なんだ? 東京大好き、自分が大好きのアンタじゃないのか?

 まあ、ヤクザや軍隊なんかもそうだと思うけど、おおよそ男性性をウリにするやつ、憧れるやつって本質的にメメしいもんだ。

 この際オリンピックなんかもスッパリとあきらめて、次の都知事はおネエMANSから選ぼう!
[PR]

by kobugimori | 2008-02-22 12:32

スカ(その1)

 韓国好きのみなさんには「ジャマイカのシン ジュンヒョン」といったらわかりやすいかわかりにくいかわからないけれども、スカやレゲエの黎明期における立役者の一人、アーネスト ラングリンというギタリスト。70半ばとなられた現在もイカしたアルバムを連発して、フケ専の私は大好きだ。

 彼の最近の動向をネットで調べていたら「スカ」と「ギター」つながりでオランダの、その名もSKAGUITARというユニットを発見した。

>>www.skaguitar.com

 試聴すると、やはり欧米人だからか音が腰高で前のめり気味、軽い口当たりだ。ちょっと物足りなく感じるところもなくはないが、その分スッキリとさわやかだし、なにより私はこういうギターの音が好きなのでついBuy Nowボタンを押してしまった。

d0075839_1212424.jpg

 また、このサイト経由ならメンバーの直売なので、やりとりの過程でミュージシャンとメル友になったような気分に浸れる。
 CDを受け取ってからも「私はあなたの音楽を愛します、ぜひ来日してプレイしてください私たちの前で、ナイスなミュージックをありがとうGerben!」などというメールを送ったら、2時間もしないうちに

I'm glad you have the CD and that you like it.
We would love to play in Japan and
we'll let you know if and when we'll go there.
Kind regards,

Gerben Rienk

という返信が来た(Gerben Rienkはメンバーの一人)。

 彼らに限らず、ヨーロッパのミュージシャンには、私のように翻訳サイト頼りのいい加減な英作文にもきちんと返信してくれる、マメな人が多いようで好感が持てる。
[PR]

by kobugimori | 2008-02-20 01:23

さといも君

 まだ発行前なので詳しいことは書けないが、パソコン系マニュアル本の説明図に使うために、私がこのたびデザインしたキャラクター。
d0075839_1412572.jpg
↑命名=さといも君

 デザインしたといっても、編集者の落書きをほとんどそのままトレースしただけ。ギャラも安いし、どうせ直しが入るだろうと思ったから。
 でも、どうやらこのまま行くらしい。よかった♪
[PR]

by kobugimori | 2008-02-17 23:25

韓国のテクノ

 去年の暮れの、地元の輸入盤屋のセールで買ったこのCD、イタリア人とドイツ人のユニットで、シンセベースの低音が気持ちよいので2ヵ月経ったいまもよく聴いてます。
d0075839_1540208.jpg
↑Eraldo Bernocchi/Thomas Fehlmann「manual」
>>open window

 これ、テクノのコーナーにあったから「テクノ」ということでいいんだろうけれども、私はテクノといえばYMOかクラフトワークか、あるいはスッパリと剃り落とされたモミアゲを甘酸っぱい気持ちとともに思い出す世代なもんで、こういうフワフワしたのを「テクノ」といわれてもあまりピンとこない。

 * * *

 そういえば、テクノって、世代によって、または国によってもそのイメージがだいぶ違うみたいだ。

 韓国には、こんなテクノもある。
d0075839_15403444.jpg
↑イ ファジョン「テクノ一番地」
>>パボ

 聴いての通りこのアガシ、あまたいるポンチャック歌手の中でも出色の歌唱力で、チャン ユンジョンなんかよりはるかにイイと思うのだが、最近はCDなんかも出してないっぽくて残念だ。

 * * *

 また、韓国でテクノといえば「テクノの女王」イ ジョンヒョンを忘れてはなるまい。もうだいぶ古い歌だが、このころはよかったよなー、彼女の絶頂期ではなかったろうか?

>>イ ジョンヒョン「アリアリ」

 これを聴いてわかるのは、前述のテクノ一番地もそうだが、韓国のテクノとは要するに
トロットの速いヤツ

と、いえるだろう。

 それはともかく、私はイ ジョンヒョンの、アクの強い突っ張った感じが好きだったので、韓流ブームにのって日本に来て紅白で歌ったりしたときには、チョ○パリにシッポを振る姿を見るようであまり愉快ではなかった。

 さすがの「テクノの女王」もヒョリだのivyだのに押されて焦ったのか、2年くらい前に「Passion」などという意味不明のアルバムを出した。しかし、さすがにこれはあまりにヒドイと自分でも思ったようで、昨年のFANTASTIC GIRL VIでは軌道修正された、よかったよかった。
d0075839_1540511.jpg
↑CDのくせにB5版の雑誌みたいな体裁にしやがってかさばってしょうがねぇ

 ただしこれも、やっぱりなんだかいまいちヌケが悪いというか欲求不満が募るんだよなー。ヒップホップなんか取り入れなくていいから、もう一度彼女の真骨頂である
高速トロットテクノ
に邁進していただきたいものです。

 * * *

 もうひとつ、韓国の曲でテクノっぽいと私が思うやつ。

>>wax「地下鉄に乗って」

 DaftPunkをユルく、メメしくした感じで、私はこの曲大好き。
 この人、他の曲にテクノっぽいのってあまり多くはないが、日常的な光景を叙情的に歌うスタイルが、20代後半〜30代くらいの女性の共感を呼ぶようで、韓国では根強い人気がある。日本でもCDを出したんだけど、あまり話題にならなかったのが残念だ。
 最近、7集が出たはず。そのうち買って、よければまた紹介しますわ。

 * * *

 なお、韓国のテクノ/エレクトロニカに関しては、コレカンがくわしい。Kafkaとか、イイですね。
[PR]

by kobugimori | 2008-02-13 15:31

GO!インリンGO!

 なんか今インリンのブログ読んでて今さらだけどファンになっちゃった。

>>インリンのブログ


 そこからのリンクで知った
>>9条を守ろう! ブロガーズリンク
[PR]

by kobugimori | 2008-02-11 22:31

南大門…

 ○ト○|ヱ!!
 ソウルの象徴が焼けちゃったよ…。

d0075839_21115640.jpg
↑写真はロイターより
[PR]

by kobugimori | 2008-02-11 21:12

羊肉とMARC MOULIN

 きのう、韓国から来た友だちと一緒に、新大久保に行って、羊の串焼きを食べました。
 日本で食べたのははじめてだったが、おいしかったです。

>>韓国で食べたのはこれ


 * * *

 電車に乗るのがひさしぶりだったので、新大久保に行く前に、新宿の輸入盤屋にも寄った。いつものように、廉価版コーナーからテキトーに10枚ほど選んで買った、全部で7,030円。

 廉価盤や中古盤は、ジャケットの雰囲気のみで選ぶことが多い。それを、中身がわからないままプレイヤーにセットして、音が出るまでの期待と不安はたまりません。

 きのうの10枚のうち、最初に封を切ったのはMARC MOULINの「I AM YOU」。ブリブリのボトムに、セクシーな女声ボーカル。イイわあ、すばらしい!

 値段と中身は関係ない。CDの値段が安いからって、音楽も安っぽいということは絶対にない。

 これだから廉価盤あさりがやめられないんだ僕ちん!
[PR]

by kobugimori | 2008-02-10 14:12

テコンV

 どうみてもマジンガーZのパクリであるテコンVが、巨費を投じて実写で映画化されるそうだ (v_v)ハァ…。
>>YTNニュースの映像

 これでまた
「ウリがテコンVを作ったんだミョン! マジンガーできないニッカ、日本のヤツらが悔しがるゴスミダ! ヲヲヲヲヲ」
とかいうバカが増えるんだろうな…(ニダばかりでは芸がないので語尾を工夫してみました)。

 漢字とか漢方医学とかに関する中韓の摩擦もそうだけれども、韓国人のよくないところは、慎みがなく、オリジナルとか先達とかに対して敬意を持たないところだ。後出しジャンケンのくせに、なんでも「ウリが、ウリが…」って自慢すんだよ。世界の中心が「ウリ」なんだ。

 テコンVがらみでもうひとつこれ。
>>領土問題の啓発映像

 日本人の姿もナンだが、テコンVが「独島」をまるでモノのように軽々とを持ち上げるのにはあきれた。
 そもそもウリナラ原理主義者は、独島を守って日本と戦うのが日本アニメのパクリだ、というバカらしさに気がつかない。

 さらに、日本の漁船を閉め出して治外法権と化した独島周辺海域で、後先を考えない韓国漁民が蟹などの水産資源を取り尽くしてしまった、などという話にはため息しか出ない。
d0075839_4201974.jpg
↑2年くらい前の毎日新聞より

 要するに彼らにとって「独島」とは、日本を退けて太極旗を立てたという点でのみ価値があるのであって、美しく豊饒な東海(日本海)の象徴としての独島に愛情を持っているわけではないんだわ。

 韓国人は、愛国心が強いように見えるけれども、それは常に、中国なり日本なりアメリカなりに対抗するための愛国心であって、内発的に湧き出る愛情ではないみたいだ。

 このへんの事情は、最近の日本でも、そしてもしかしたらアメリカあたりでも同じかもしれないけど…。
[PR]

by kobugimori | 2008-02-06 14:17