<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GO!GO!7188とチャットモンチー

 意識するとしないとに関わらず韓国人がトロットを好むのと同じで、日本人は浪花節が大好きだから、若い男バンドが青春ぽい歌を歌うとやっぱり「水戸黄門のテーマ」人生楽ありゃ苦もあるさ、とあまり変わらない暑苦しいものになるのが常だが、それに比べると女子のバンドは体温が低くて、体に触れたときのヒヤっと冷たい感じが歌にもあらわれているようでココチよい。

 それに私は性格が女っぽいからか単にスケベだからか、昔からガールズバンドが好きだ。高校のころに水玉消防団(あまり「ガールズ」でもなかったけど)というのにハマったのを皮切りにその後は少年ナイフとか。

 けっこういい年こいてから「ドタン場でキャンセル」を聴いてグッときたGO!GO!7188も大好きで「こいのうた」が今でも落ち込んだときの脳内テーマソングだったりするわけなんだが、そのGO!GO!7188がレコード会社をBMGに移してこのたび新作が出ました「569」。
d0075839_86307.jpg

 昔は、曲のセンスは鋭いがテクニックが追いついていない危なっかしい感じがあって、いま聴きなおすとそのへんがよかったのかもしれないけど、ベテランとなった現在ではすっかり安定して貫禄まで感じられて、ギターのユウたんの天才的なセンスはますますその輝きを増したし、アッコたんのブリブリしたベースは音のぶっとさにおいて日本のロック界でも有数でありましょう。

>>あしのけ

 ただなー、なんか昔の「ドタン場でキャンセル」とか「桜島」みたいな屈折した暗い世界観をあまり感じなくなって心にひっかかるものが少なくなってきたのは否めない、それが残念だ個人的には。

***

 チャットモンチーについては従来「シャングリラ」がちょっと気にはなっていたけどあまりよく知らなくてどっちでもよかったが、店頭で新譜を試聴して気に入ってGO!GO!の「ついでに」買ってみました。
d0075839_864251.jpg

 GO!GO!よりこっちの方が歌詞も曲も素直で聴きやすくて、でも意外とヘビーな展開を見せる曲もあったりしてよかった、買ってよかった。

>>橙
>>真夜中遊園地

 ちなみに私は「結婚式の披露宴で新婦の友達とかが歌いそうな曲」なんかが最高に大嫌いなんだが、このアルバムに入っているそういう魂胆アリアリの曲を聴いたら意に反してつい涙腺がジュン…となってしまったのはやっぱり年のせい、でしょうか?

***

 最後にもう一言、これを買った某大手CD店では輸入盤の一部を「2枚買うと一枚1690円」セールやっていてこのときもつい買ってしまったのだが、それらに較べて日本のCDが一枚3000円を超えるのは異常な高さだと思う。

***

>>GO!GO!7188のオフィシャルサイト
>>チャットモンチーのオフィシャルサイト
[PR]

by kobugimori | 2007-10-26 23:58

J-ポンチャック第2弾

 温泉サンバに続く、J-ポンチャック第2弾、といっても発売日はこちらの方が早いのだが、知るのが遅かったから順番が逆になってしまった、許してほしい。

 ともかくJ-ポンチャック第2弾、これだ!
d0075839_015360.jpg
 >>平田まり「涙の仁川空港」

 実は私、温泉サンバなどをこのブログで紹介しておきながら、自分ではCD持ってないわけ。売ってないんだもん買いに行っても。
 そんな中、赤羽に美声堂という演歌専門のレコード店があるのを知り行ってみた、温泉サンバとか愛の激流とかあるかと思って。

 でもやっぱり、ここでも見当たらなかった。
 店のおじさんによると、そのテのやつは、ほぼ全部歌手の側で買い取るという条件でレコード会社に作らせているから、一般の店に並ぶことはほとんどないのだそうだ。ただし、それぞれのレコード会社の流通ルートには一応乗るから、取り寄せなどは可能だそうです。

 そんなわけで、またしても温泉サンバがなかったのは残念だが、手ぶらで帰るのもナンなので、アテもなく物色していて見つけたのが前掲の「涙の仁川空港」なわけだ。
「涙の〜」というタイトルから、暗い感じの曲かと思ったら、実際には意外に明るくリズミカルな感じで、演歌というよりトロットっぽいわ、と思ったら案の定、作曲家が金日植という韓国人だったよ!

 まりさん応援しています、これからもがんばってください!

 ちなみに、赤羽美声堂はいろんな歌手が訪ねて来て、撮影会やサイン会などが頻繁にあって楽しそうだ。またぜひ行きたいです。

・関連ページ
J-ポンチャック第一弾
>>J-ポンチャック
ミョーなテンションで読んでて飽きない
>>阿部まりあ公式ブログ
温泉サンバもある
>>アクセスエンターテイメント
楽しいお店だ
>>赤羽美声堂
[PR]

by kobugimori | 2007-10-20 00:19 | ポンチャック

青虫くん

 約1か月ぶりの更新となりました、いつのまにか10月も半ばです、涼しくてさわやかで、キンモクセイの香りが漂うよい季節ですなあ。

 ただし、秋は芋虫が冬に備えて肥える季節でもあります。昔、荒川の土手で、おびただしい数の芋虫の大行進を目撃したトラウマが今も消えないのですが、あれはいったい何だったのでしょうか? 

 芋虫といえば、最近パソコン系マニュアル本のカバーデザインの仕事で、青虫のイラストを描きました。LDAP/OpenLDAPというプロトコル(ということだが私には意味不明)に関する本で、Webを調べたら、このプロジェクトのキャラクターがなぜか青虫だったんです。

 我ながらかわいくできたと思います。間もなく店頭に並びますので、見かけたらよろしくお願いします!

d0075839_048765.jpg

[PR]

by kobugimori | 2007-10-17 00:57