<   2007年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

일본 온천에 온천 쌈바

나는 한국의 트롯트나 뽕짝을 아주 좋아하는데, 앞으로는 일본 노래 중에서도 뽕짝 감각이 넘치는 노래를

J-뽕짝

이라고 부르며 이 사이트에서도 적극적으로 응원해 나가기로 했다.

그런데 나 kobugimori가 추천하는 J-뽕짝 제1호는
阿部まりあ (아베 마리아) 양의 "温泉サンバ (온천 쌈바)" 로 결정했다.
d0075839_13295554.jpg

나는 이 사람을 지방방송국의 가요 프로그램으로 알게 되었다.
그녀도 한국을 좋아해서 방송속에서 자기소개를 한국말로 한 적도 있다.
한국에서도 섹시한 그녀의 팬이 한사람이라도 생겼으면 좋겠다.

>> "온천 쌈바" 시청
>> 마리아양의 블로그
d0075839_0134650.jpg

* 소위 뽕짝에 관해서는 >>이쪽에도 기사가 있다 (일본어).
[PR]

by kobugimori | 2007-08-29 00:17

J-ポンチャック

 私は韓国のトロットやポンチャックが大好きなわけだが、これからは日本の歌でも、ポンチャック感覚にあふれたものは、

J-ポンチャック

と呼んで、このサイトで紹介しながら積極的に応援していくことにした。
 また、J-ポンチャックを、

じぇーぽん

と縮めて言うのもイカすと思う。

 と、いうわけで、わたくしコブギモリが認定するJ-ポンチャック第1号は、以前にも紹介した、阿部まりあ「温泉サンバ」に決定だ!
d0075839_13295554.jpg

 この人のことは、テレビ埼玉日曜朝7時の「演歌街道」で知った。
 本人も韓国が好きで、番組で自己紹介を韓国語でしたりもしていたし、この決定にはどなたも異存はありますまい。
 まりあタン、これからもがんばってください!

→温泉サンバの試聴
→まりあタンのブログ

※ポンチャックに関しては→こちらにも記事が。
※なお、ポンチャック(뽕짝)の表記を私はこれまで、元の音に近いからとの理由で「ポンチャク」としてきましたが、その伝でいくと「Rock」も「ロク」と書かなければいけなくなってしまうし、やはり小さい「ッ」を入れて「ポンチャック」としたほうが、日本語の文章の中ではすわりがよい場合が多いようなので、今後は「ポンチャック」で統一します。
[PR]

by kobugimori | 2007-08-28 13:30 | ポンチャック

일본 최신 가요

일본에서는 가끔 이상한 노래가 유행하는데, 앞으로 크게 유행될 것 같은 노래가 "오시리 카지리 무시(엉둥이 무는 벌래)" 이다.

おしりかじりむし
[PR]

by kobugimori | 2007-08-28 12:49

D-WAR

한국에서는 D-WAR가 공개되어 화제가 되고 있는 모양이다.
예고편을 보니까 트랜스포머 멋지 않게 화려해서, 어렸을 때부터 괴물영화를 좋아하는 나로서는 흥미진진하다. 일본에서도 빨리 공개됐으면 좋겠다.

다만 이 감독이 만든 괴물영화는 용가리도 그랬었지만 무대가 항상 외국이다.

일본의 괴물영화의 무대는 거의 다 일본국내이다 (그렇지 않으면 "외계"이다). 관객은 자신들이 보통때부터 잘 아는 건물이나 거리가 괴물로 인해 파괴되는 모습을 보므로서 임장감이나 현실감을 얻고, 일종의 카타르시스를 느끼는 것이다.
괴물영화는 아니지만 일본열도가 모조리 다 침몰해 버리는 영화도 두번이나 만들어져 각각 크게 성공했다.

그에 비해 한국제 괴물은 한국 안에서 날뛰는 것이 별로 없다. D-WAR의 무대는 LA이고 용가리가 나타난 것도 가공의 도시였다.
봉준호감독의 "괴물"은 무대가 항강이였지만 사람을 많이 잡아 먹었어도 건물은 다리 하나 떨어지지 않았다.

일본인은 한국인보다 자신이나 자신들의 나라를 보는 시각이 미지근하다. 종군위안부나 야수쿠니신사와 같은 역사문제도 일본국내에서는 각각의 입장에 따라 견해가 뿔뿔이 흩어져서 일반시민들의 관심이 모아지지 않는다. 영토문제마저 온국민이 굳건히 단결된 한국과 달리 영 고조되지 않는다.

미지근하다고 하기보다는 역시 "자학적"인 것이 아닐까? 괴물영화에서도 알 수 있듯이 비하된 자신들의 모습을 방관하므로서 카타르시스를 느끼는 성향이 있는 것이 아닐까?
요즘 인터넷에서 기승을 부리는 소위 "넷토 우요 (민족주의적인 네티즌들)" 도 이것을 하나의 노악취미 (露惡趣味) 로 본다면 "자학적인 국민성의 발로" 이라고 할 수 있지 않을까?

그에 비해서 한국인은 머리 속에서 "나"와 "우리"의 구별을 하지 않기 때문에, 자의식이 비대해서 스스로의 모습을 객관적으로 볼 수 가 없다.
해외에서 활약하는 어떤 한국인에 대한 칭찬은 바로 "나"에 대한 칭찬이다.
한국 국내에서 본 "우리의" 세계관이나 역사관이 다른 시점에서 부정되었을 때 상처를 받는 것은 정치인이나 지식인, 혹은 공무원들의 체면따위가 아니라 어디까지나 "나"의 자존심이다.
그래서 한국인은 아마 괴물이 청화대를 밟아 부수거나 63빌딩을 무너뜨리거나 하는 영상을 보아도 굴욕감을 느낄지언정 일본인 처럼 카타르시스나 엑스타시를 느끼는 것은 없지 않을까 생각한다.

이상, 괴물영화에 보는 한일 국민성 차이였읍니다. 일본인과 한국인은 외모가 닮았고 문화적인 배경도 전통적인 것부터 현대적인 것까지 공통점이 많지만 국민성은 정반대이라고 느낄 때도 종종 있다. "가깝고도 멀다" 고 하는 두 나라 사이가 좀처럼 줄어들지 않는 이유가 이런 것에 있지 않을까 생각한다.

D-WAR 예고편을 보고 오래간만에 어려운 것을 생각해서 머리가 아파졌다. 바다아버지의 "향수 캬바레"라도 들으면서 맥주나 마실까 한다.
d0075839_21411223.jpg

[PR]

by kobugimori | 2007-08-21 21:41

D-WAR

 韓国ではD-WARという怪獣映画が公開され話題となっている。
 予告を見ると、トランスフォーマーなみにハデで、子供のころから怪獣映画が大好きな私としては興味津々で早く見たい。

 ただし、この監督の作った怪獣映画は、ヨンガリ(邦題「怪獣大決戦ヤンガリー」)もそうだったが、舞台がいつも外国だ。

 日本の怪獣映画は、だいたいどれも舞台が日本国内だ。観客は、自分たちが普段からよく知っている建物や町並みが壊されることによって、臨場感や現実感を感じ、一種のカタルシスを得ているのだと思う。
 怪獣映画ではないが、日本がそっくり沈没してしまう映画も、2度も作られそれぞれ大ヒットした。

 それに較べて、韓国製の怪獣は、国内で暴れることが少ない。前述のように、D-WARは舞台がロサンゼルスだし、ヨンガリが現れたのも「架空の都市」だった。
 グエムルの舞台はソウルの真ん中を流れる漢江(ハンガン)だったが、人はたくさん喰われても、建物は、橋一つ落ちなかった。

 日本人は、自分や自分の国を見る目がどこか冷めている。従軍慰安婦や靖国神社などの歴史問題でも、日本国内ではそれぞれの立場によって見解がばらばらで、一般市民はほとんど関心外だ。領土問題ですら、全国民一枚岩の韓国と違い、さっぱり盛り上がらない。

 冷めているというより、むしろやはり「自虐的」なのではないか? 怪獣映画にもあるように、貶められた自分たちの姿を傍観することで、カタルシスを得るような性向があるのではないか?
 最近はやりの「ネットウヨ」なども、これを一種の露悪趣味と見れば、自虐的な国民性の発露である、ということもできるのではないか?

 それに較べて韓国人の脳内では、ナ(私)とウリ(私たち)の区別をしないため、自意識が肥大化して自らの姿を客観視することができない。
 海外で活躍する韓国人「ウリ」への賞賛は、そのまま私「ナ」に対する賞賛である。
 韓国国内から見た「ウリの」世界観や歴史観が、別の視点から否定された場合、傷つくのは役人・政治家・学者などの面子などではなく、あくまでも私「ナ」の自尊心だ。
 だから韓国人はたぶん、怪獣が青瓦台を踏みつぶしたり63ビルを倒したりする映像を見ても、屈辱感を感じこそすれ、日本人のようにカタルシスやエクスタシーを感じることはないのではないか?

 以上、怪獣映画に見る日韓の国民性の違いでした。日本人と韓国人とは、外見が似ているし、文化的な背景も伝統的なものから現代的なものまで共通点が多いのだが、国民性は正反対だと感じることもよくある。「近くて遠い」と言われる距離がなかなか縮まらない理由も、そこらへんにあるのでわ? と思いました。

 D-Warの予告編を見たことから、ひさしぶりに難しいことを考えて頭が痛くなってきた。温泉サンバでも聴いて踊ることにします!

d0075839_15145312.jpg

[PR]

by kobugimori | 2007-08-21 15:21

더위가 물러가는 부적


화면에서는 크게 표시되지만 300dpi의 신용카드만한 크기다.
뚜깨가 있는 종이에 프린트한 후 자를 대어 커터를 똑바로 세워서 깨끗이 잘라내고, 항상 몸에 지니고 다니면 더위가 물러간다고 한다.
d0075839_8325486.jpg

내가 정성껏 그렸다.
[PR]

by kobugimori | 2007-08-19 01:07

残暑に打ち勝て!

 今年は残暑がホントにキビシい、何人も死んでしまってかわいそうだ。

 そこで、私がおフダを作りました。부적(符籍、プジョク)という韓国式のおフダです。
d0075839_8325486.jpg

 300dpiなので表示はでかいですがカードサイズ(54×85mm)です。画像を右クリックでダウンロードし、画像ソフトで開いて厚手の紙にプリントしたら、定規をあててカッターを垂直に立ててきれいに切ってください。

 財布やポケットに入れて、常に身につけるようにしてください。
 暑さでもうろうとなった精神がはっきりとし、だるい体も軽くなるでしょう。

 「萬古秘伝 霊符作大典」より
[PR]

by kobugimori | 2007-08-18 08:34

テレビニュースは終わらない

 もう20年以上も前だろうか?
 確か、宝島えのきどいちろうが書いたものだったと思うが、
「TBSのニュースで、モスクワからの衛星中継で特派員室が映ると、本棚に江戸アケミの本がささっているのが見える」
という記事を読んだ。それ以来、私はそのロックっぽい「TBSのモスクワ特派員」を、なんとなく気にするようになった。
 とはいえ、いつもテレビばかり見ているわけではないので、なかなか気がつかなかったが、ロシアの庶民の暮らしのリポートか何かだったろうか? 突然、テレビから江戸アケミが率いていた暗黒大陸じゃがたらの歌が聴こえてきて、ビックリしたことがある。

 それからしばらくして、その「TBSのモスクワ特派員」が、日本に帰ってくることになった。
 この特派員の在任期間は、ソ連が崩壊しロシアに変わる激動の時代と重なる。そこで、筑紫哲也の番組で、その間の激動ぶりを伝えるために、3日間にわたる大特集を組んだ。
 私は、そのロックっぽい特派員が、どんなものを見せてくれるのだろうかと興味津々だった。

 内容は、期待に違わず、臨場感と迫力のある映像の連続で、3日間飽きずに見応えがあった。

 そして、その、3日間にわたる大特集の、最後を締めくくった話題が何だったかといえば、

地元のロックバンドの紹介

 だったのでした(笑)。

 しかも、ロシアで社会現象を巻き起こしているとかそういうのじゃなくて、ロクな機材もない場末のライブハウスで歌っているようなマイナーなやつ。
 例の特派員が「初期のポリスをホーフツとさせるんですよ!」などと熱く語って、筑紫哲也が「はあ、そうすか…」みたいな(笑)。
 私が期待していた通りの展開に、なんだかとてもうれしい気分になった。

 その後、この人はしばらく日本にいて、天皇在位10周年のころには、記念式典に呼ばれてのこのこ出ていった「ロック」バンドのことなどについて、忌野清志郎と語りあったりしていた。

 そして、2002〜3年ころだと思うが、アメリカ特派員としてまた日本を離れた。
 戦時体制下のアメリカから、政治家やマスメディアや、世論に対してさえ、いつも批判的な調子のレポートを送ってきていて、この人らしいと思っていた。

 だいぶ前置きが長くなったけれども、集英社新書「テレビニュースは終わらない」。
 この人、金平茂紀さんが書いた本です。
 ロックの話は出てこないが、問題意識が明快でわかりやすかった。
 特に、巻末の、ロシア語通訳で文学者の米原万里さんとの対談は、これを読んだことで今年の敗戦記念日が意義深いものになったような気がした。これからも、繰り返して読みたいと思います。

d0075839_16563942.jpg

[PR]

by kobugimori | 2007-08-15 16:42

President goes to Pyeong-yang...

한국인 볼란티어단체가 탈레반에 끌려 간지 벌써 한달 가까이 지났다.

그런데 그들의 대통령은 친구 만나러 평양엘 간다고 한다.

d0075839_1174474.jpg

인질문제가 그때까지 꼭 해결되었으면 좋겠다.
[PR]

by kobugimori | 2007-08-14 12:48

President goes to Pyeong-yang...

 韓国人のボランティア団体がタリバンに拘束されてすでに3週間にもなる。
 ところが、彼らの大統領は、この間に、南北首脳会談の開催を発表した。

 こんなときにピョンヤンなんかに行って、人質問題はどうするんだろう?

 新時代の大統領として華々しく登場したノムヒョン大統領だったが、経済政策の失敗などから、長いあいだ人気が低迷していた。
 残りの任期も数カ月となり、せめて最後ははなばなしい夢を見たい、もう失うものもないし、ということで、ほとんどやけっぱちになっているんじゃないだろうか?

 人質が、それまでに解放されればいいけど…。
d0075839_1174474.jpg

[PR]

by kobugimori | 2007-08-13 01:22