<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北朝鮮の歴史遺産

 テレビの話のついでにもう一つ。

 テレビの修理が終わってそのままつけていたら、TBSの報道特集で、北朝鮮の博物館が、紀元2世紀ころ(中国では前漢時代、朝鮮半島では高句麗時代)に作られた竹かごのような工芸品を売っぱらおうとしている、という話題をやっていた。

 なぜ売るか、といえば、「これは中国のものだからウリナラには必要ない」という、いかにも朝鮮くさい理屈なんだわ。遠い外国の文物を、正倉院などで後生大事に守って来たフェチな日本人が聞くと、腰の力がガックリと抜けるような発言ですな。
 以前、別の項でも触れたが、物語化された体系にはこだわるが「もの」にはこだわらない。という、朝鮮人気質が端的に現れているといえましょう。

 番組では、そういう北朝鮮の現在の態度と対比する形で、戦中・戦後の混乱期にこの遺物を守り通した日本人学者の功績が取り上げられていた。
 ちょっと美化しすぎか、という気がしないでもなかったが、「もの」にこだわる日本人の学者が、「もの」にあまりこだわらない彼の地で奮闘する様子が目に浮かぶようだった。

 北朝鮮と双子の兄弟である韓国でも、太陽政策で北朝鮮と融和路線をとるようになってからかな? 歴史と物語の区別がつきにくくなっているようで、荒唐無稽な時代劇の流行はさておき、KBSの歴史スペシャルみたいなドキュメンタリー(?)ですら、あらかじめ物語化された歴史観によって作られるようになった。これ、昔は意外な発見があって好きな番組だったのに、最近はどうせウリナラマンセーな内容だろうと思うと見る気がしない。
 こういう傾向が、嫌韓派を増やすんだよねぇ…。

 ところで、鬼畜米英といわれたアメリカが、戦後の日本人にとっては自由と豊かさの象徴となり、文革中は日本人の理解の外にあった中国が、自転車で通勤する素朴な人々とパンダの国、となるように、国と国の関係が改善されるときには、相手国のイメージが大きく変わることがあるわけだ。

 現在の冷えきった日本人の北朝鮮観が、将来もし変わる可能性があるとすれば、それはやっぱり高松塚古墳やキトラ古墳などとは比べ物にならないほどに華麗な歴史遺産の再認識ではなかろうかと私は思う。
 日本文化の太い根っこが、奈良から延びて平壌に根ざすというような認識が広がれば、北朝鮮に親近感を持つ日本人が増える可能性は十分にある。
 と、思いますから、歴史的な遺産は大事にしていただきたいものです。売らないでとっといたほうがいいよ、北朝鮮の人!

 BS-iとかニュースバードなどで再放送があるはずなので、見れる方は見てみてください。

d0075839_22224344.jpg
↑私が大好きなスンデ(本文とは関係ありません)
[PR]

by kobugimori | 2007-06-11 01:40

デジカメとテレビが壊れた(;д;)/

 昨日「最近は良い出会いが続いていて良い気分だ」と書いたばかりでナンなんだけど、それとは逆に、良くないことも続いているんだ実は。

 まず一つは、去年の春ころ気合いを入れて買ったリコーのGRっていう高いデジカメの、電池が入らなくなちゃった。もう保証期間を2ヶ月くらい過ぎているので、現在ワーキングプア状態の私にはちょっとキビシい…。

 もう一つは、テレビが急に映らなくなって、見たい番組があったので修理の人を呼んだのだが、ちょうど週末だったためにすぐには来てくれなかった。仕方がないので画面は暗いまま音声だけ聴くはめになりました。

 その番組とは、以前にも紹介したテレビ埼玉「演歌街道」。

 録画もできなかったので、日曜に7時起きでがんばりました。今日もイイ歌がありましたわ、映像が見れなかったのはかえすがえすも残念。またぜひ阿部マリたんの「温泉サンバ」やっていただきたいです、お願いします、テレビ埼玉の人。
[PR]

by kobugimori | 2007-06-11 01:28

アンドロメダの異星人

 本日、所用で乃木坂に。乗り換えが面倒で青山一丁目から歩いたのだが、途中の写真屋さんでこんなCDを売ってるのを発見!
d0075839_22465860.jpg
 用事を済ませた帰りに、もちろん、買いました。

 このお店、写真屋さんのハズなのに、このジャケット写真と同じ衣装のポスターがベタベタ貼ってあったり、このCDだけ山積みにしてあったりして目立つの。ここがもしかしてこの青樹亜依さんの実家なのかね? 本人はいなかったけど、おじさんが「ここで買う人だけへのオマケ」と言ってポスターをくれました(笑)。

 店先の貼り紙には「音楽評論家の湯浅学氏も大絶賛」とありました。湯浅学氏といえば、名著「ディープコリア」を著し、ポンチャクを日本に最初に紹介した「幻の名盤解放同盟」のメンバーとして私も尊敬する人です。韓国&ポンチャクつながりだ。気が合いますな。

 それはともかく家に帰ってさっそく堪能しましたアンドロメダ歌謡。すばらしかったですよ!
 コピーライトの表記に2000とあることから、私は7年間もこれを知らずに過ごしたことになります。その7年がなんだかもったいないです。
 でもちょうど今、CDがらみの仕事を始めたいなと考えているところだったので、この出会いももしかしたらCDの神さまが導いてくれたものなのかも…。

 ただし、これだけ買って帰ると精神のバランスを崩しそうで不安だったので、帰りにいつも行く新宿のジャズ専門店に寄って、廉価盤コーナーから適当に6枚ほどみつくろって買ってきました。こちらも、特にハズレもなく、良い買い物ができました。

 最近、良い出会いが続いています。良い気分です。

青樹亜依「アンドロメダの異星人」
[PR]

by kobugimori | 2007-06-08 22:35

知覧の母

 パッチギ以来、どうも特攻隊がらみの話題が多くなっちゃいましたが、テレビ埼玉で日曜朝7時からやってる「演歌街道」という番組に、これまたすんごい歌手が出てたよ!

 歌川二三子っていうおばさんなんだけど、海軍の白い軍服姿で、朝鮮人特攻隊員の短い人生を、一人芝居というか浪花節というか、とにかくそんな感じで思い入れたっぷりに歌いあげるわけ。

 曲の題名は「知覧の母」。

 歌詩の内容上、笑うに笑えなくて、聴く方はその世界をそっくり飲み込むしかないんだ。この異様な感触は忘れられません。みなさんもぜひ味わってみてください。

 ちなみにこの曲のカップリングは「回天の母」だそうです…。

♪ 歌川二三子オフィシャルサイト


♪ 歌川二三子全曲集

[PR]

by kobugimori | 2007-06-04 15:00

ポンチャク界の2大トレンド_2

 以前、ちょっと書きかけた「ポンチャクの2大トレンド」についてなんですけど、その後いろいろ考えるところがあって、詳しい内容は別の場所で後ほど発表することにしました。
 この「かんこくだもの」で、もし楽しみにしていた方がいたらゴメンナサイ。

 別の場所で、詳しい機会をぜひ設けようと思いますが、ここではごく簡単にその概略だけ。
 ポンチャク界の2大トレンドとは、

・DVDとして映像つきで売られるもの
・歌詞がエロい「エロ系」ポンチャク

 です。
 このあたりは、まさに韓国的で、ホントにおもしろいので、別の場所でぜひ詳しくご紹介したいと思いますが、まずはポンチャクDVDにはまるもうすぐ2歳のうちの娘を見てください。エロ系は、直リンクもちょっとナンなので、YouTubeで「조개타령」と検索してください。
[PR]

by kobugimori | 2007-06-04 00:37