“黒天使”沼澤邪鬼 in にじ屋

 一昨日の話だが、さいたま市にある、障害者とその支援者たちで運営するリサイクルショップ「にじ屋」で「筋肉火祭り2」というイベントがあった。
 大日本プロレスから沼澤邪鬼選手ほか数人の選手が来て、小雨の中、プロレス教室などが和気あいあいと行なわれた。

 私はプロレスについてほとんど無知で、大日本プロレスという団体自体も知らなかったから、沼澤邪鬼選手はもちろん初体面。オドロオドロしいメイクのせいで見た目は恐いが、声や話し方はとてもやさしく紳士的に感じた。 
 こんな貧乏リサイクルショップにじ屋のショボい人寄せイベントに来て、プロレスなんか知らない障害者やその家族や近所のおばさんや、にじ屋の主たる客である貧乏そうなアジア系外国人の前で、精一杯イベントを盛り上げようとしている姿勢がすばらしい。イイ人だなーと思って応援したくなった。

 ところが、家に帰ってこの沼澤邪鬼を調べてみると、ずいぶんカゲキな人みたいなのよね試合のときには。チェーンソーふりまわしたり、蛍光灯の束で相手に殴りかかったり。この人の応援コールは「キ○ガイ」だっていうし!

 というわけで、「人は見かけによらない」というありきたりな結論です。
 すげぇ身近で見れたから、次回「筋肉火祭り3」があればキ○ガイ沼澤邪鬼ファンや大日ファンの人もにじ屋へぜひどうぞ! 私も次はサインもらおう!

>>“黒天使”沼澤邪鬼

d0075839_10131729.jpg
 ピンぼけですいません。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-23 10:10