検察総長の辞職

 韓国Yahoo!で読んだニュースによると「韓国のイムチェジン検察総長がノムヒョン前大統領の逝去に対し国民に謝罪の意向を表明して辞職願いを提出した」「これで一連の捜査は事実上終結」っていう記事を読んだがこんなことでいいのか韓国の検察!

 ノムヒョン大統領は理念先行で独善的なところが鼻についたが、いわゆる「三金政治」との決別など、韓国政界に根強い権威主義や地域対立に風穴をあけた功績は大きい。
 ……と、思っていたら、大統領在任中に、その権威を笠に着て、本人でなくとも少なくとも家族は労せずして、巨万の富を得ていたわけだ。

 その捜査中に本人が自殺してしまった、と。
 これで真実が見つけにくくはなっただろうが、奥さんや息子や、彼らに群がった財界人に対する捜査は、当然続けられてしかるべきではなかろうか?

 ミもフタもなく書けば「収賄の容疑者が現実逃避的に自殺した」わけだが、それを「貧しい家庭から苦学の果てに大統領にまで登りつめたウリの大統領が非業の死を遂げた」ということで、その葬儀を韓国人はワールドカップに匹敵するような国民的行事に仕立て上げた。
 金日成逝去の際の北朝鮮でも見られた、自己陶酔的な集団ヒステリー、というのは言い過ぎか。
 ともかく、前大統領本人の意図とは関係なく、権威主義的といえばこれほどの権威主義はないだろう。

 そういう極端な権威主義に較べて、検察や警察や裁判官が国民に信用されず、権威がなさすぎるのが問題だよなー。
[PR]

by kobugimori | 2009-06-03 23:07