韓国vsキューバ

 濃いい国どうしの、濃いい試合でしたなぁ。

 9回裏の満塁のピンチに、韓国のキャッチャーが主審に抗議して退場になったのはいただけなかったけど、その後に変わった下手投げのピッチャーが、1アウトフルベースからバッターをダブルプレーにしとめてゲームセットとした瞬間には、私も鳥肌がたちましたわ。
 大国に虐げられた国同士の、ハンプリとチャジョンシムとをかけた、すばらしい試合だったと思う。あっさりした日本やアメリカとは、だいぶ違かった。

 日本チームは、私も断片的にしかわからないけど、星野監督の精神主義みたいのが、悪い方にばかり作用したんじゃないでしょうかね? 若い選手にも空回りだったみたいだし。
 また、そのあたりに日本的、というか軍国主義的なものを感じて、韓国からは必要以上に嫌われてしまったっつーのもあるんじゃないでしょうか?
 投手の起用とかから見て、星野監督自身も、最後には神風が吹くと信じてたのかもしれません、WBCのときみたいに。

 それと今回印象的だったのが、イ スンヨビの復活劇だ。ずーっと不振だったくせに、日本戦のいちばんおいしいところで復活しやがった! キューバ戦でも炸裂したし。 野球の神様は、彼を見捨ててなかったっつーことですな。
 巨人に復帰したら、日本でも活躍してもらいたいです。

 ともかく、おめでとうウリナラ! ウリ自慢のオカズが増えてよかったね!
[PR]

by kobugimori | 2008-08-23 23:49