せんとくん、お披露目

 いろいろ物議をかもした奈良県のキャラクター「せんとくん」。
 私も最初にこの絵を見たときには、こりゃねーだろー…、と唖然とした。
d0075839_0314773.jpg
 でもその後、籔内佐斗司というこの作者の作品に触れ、できあがりを楽しみにするようになった。
 そのへんの私の気持ちの変遷は、下の記事を読んでください。

>>鹿地蔵
>>鹿地蔵 その2
 
 そしていよいよ今月19日にせんとくんがお披露目されるらしい。
 しかしそれに先立って、実はせんとくんのお兄さんである鹿坊(しかぼう、ではなく「ろくぼう」)は、すでに活動を開始していたのだった。

>>籔内佐斗司先生のHPより、鹿坊の画像
>>奈良市内のアジアンレストラン「RAHOTSU」を訪れた鹿坊

 さすが籔内先生! シロートくさいユルキャラが並んだちゃぶ台をひっくり返すような傑作だ! せんとくんの登場がますます楽しみだ!
 きっと、奈良県の担当者も、最初から出来上がりのこういう姿を確信して、この人に発注したのだろう。
 恐れ入りました。 私ごときが、ひと時のこととはいえ批判めいたことを書いて、申し訳ございませんでした!


お披露目されたせんとくんを見ての追記:

 話がちっがーう!
 なんかすげーフツーじゃん… (iдi)
d0075839_15445744.jpg

[PR]

by kobugimori | 2008-08-16 16:35