クラヨエ廃業!

 私が深く敬愛するミュージシャンの倉橋ヨエコが、もうすぐ廃業するそうだ。
 寂しく、悲しいことではあるが、自ら「やめる」というのは、潔くていっそすがすがしい。さすがクラヨエだ。

 毒にも薬にもならない歌ばっかりの日本で、クラヨエの毒は貴重だった(フジロックフェスティバルからオファーがあったとき、「ロックじゃないですよ」とことわったら「ある意味パンクですから」と言われたそうだ。私はこの担当者の慧眼に敬意を表する)。

 ♪ああさようなら…(「夏」のメロディーで)

>>以前の記事「ザ★狂鍵ヒットパレード」
>>
倉橋ヨエコ オフィシャルサイト

 * * *

 以前はYouTubeでPVがたくさん見れたのに、現在ではほとんど削除されてしまった。
 画質も音質も劣悪なYouTubeにPVがあっとして、著作権者にどんな害があるというのだろう? そもそも、宣伝のためにタダで見せるのがPVじゃないのか?
 ビクターが削除させたんだろうか? そうだとしたら、この会社はホントにせこい。
 ほいほい削除するYouTubeもYouTubeだ。

 iPodに対する課金問題でも思うけど、著作権って、いったい誰のためのもので、何から何を守るためのものなのか、あらためて考えたい今日このごろ。
[PR]

by kobugimori | 2008-05-14 00:24