YASUKUNI

 今日から4月、今年度はガンバルぞ! と意気込んで朝起きて新聞を開いたら、映画「靖国 YASUKUNI」が上映できなくなったという記事を読んで愕然とした、別に映画が見たかったわけじゃないんだが。 

 韓国では、公の場での親日的な発言は、犯すべからざる禁忌である。その禁忌を破る者、日本による略奪と破壊を強調する公的な歴史観に異議をとなえる者は、社会的に抹殺されてしまうのが常だ。
 そういう風潮は異常だと私も思うし、2ちゃんねるなどで韓国が「言論が不自由」だと揶揄されるのも理解できなくはない。

 では日本はどうなのか? 
 皇太子と雅子さんの苦悩する姿によって、幸か不幸か天皇家の権威が揺らぎ、天皇制に対するタブーが薄れてきたと思ったら、最近では靖国がタブーだ。
 これで日本人は、韓国の言論の不自由さを批判する資格を失った。

 何カ月か前には、日教組の集会をプリンスホテルが拒否したということもあった。
 日教組の件も今回の「YASUKUNI」の件も、どちらも一種の「自主規制」のような形であらかじめ排除されてしまうのが、いかにも日本的な事なかれ主義でイヤな感じだ。

 4月1日は、新年度の始まりの日である一方、沖縄本島に米軍が上陸し、地獄の地上戦がはじまった日でもある。
 沖縄をはじめ、アジア全体で幾千万もの犠牲と引き替えに獲得した大切なものが、腐ってグズグズと崩れて、人々がそれと知らずに踏みにじってゆくさまを見るような、ユーウツな春であります。

 * * *

 蛇足だけれども、靖国神社は戦争犠牲者の鎮魂・追悼の施設になり得ないと、私は考えます。

 靖国神社に対する私の立場。
>>靖国神社

 映画「靖国 YASUKUNI」のオフィシャルサイトが
http://www.yasukuni-movie.com/
にあるはずなのに4月1日時点ではどっか行っちゃったみたいだ。攻撃されたのかな?
 しかたがないのでシネマトゥデイとCinemaCafeだ。
>>シネマトゥデイ
>>CinemaCafe

 大事な問題だと思うので、下記などもあわせて読んで下さい。
>>イマドコ?いまここ。
>>第4権力研究所
>>世界の片隅でニュースを読む
>>アスカタスナ レコード&カンパニー
[PR]

by kobugimori | 2008-04-01 12:55