この一週間

 ここ1週間以上、忙しくて新聞もろくに読めずにいたのを、昨日やっと休めたのでまとめて読んだ。

 地震の被害と、タリバンによる韓国人拉致、この二つの話題は胸が痛い。

 昔、広瀬隆「危険な話」という本を読んで、原発の事故で日本が壊滅するという妄想に取り憑かれて恐い思いをしたが、今回の地震と東電の情報隠しで、その妄想が現実味を増したのも恐ろしい。

 そんななか、「布袋寅泰が町田康を殴った」と言う話題には、ほのぼのとして微笑ましい気持ちになった。

 2人ともビッグネームではあるけれども、私の個人的な基準では、ロッカーとは、内に秘めた暗い情念と、社会に対する毒が必須。
 それからすると、まず布袋寅泰はメジャー指向が強すぎて、私としてはロッカーという感じがしない。
 町田康に関しては、INU「メシ食うな!」というレコードを出したころは、立派なパンクとして一目置いていたのだが、しばらくして、芥川賞という権威にたなびいたときにはがっかりした。
 さらにその数年後、書店で平積みにされていたエッセイ集をたまたま目にして、なんとなく数ページめくってみたところ、そのあまりの軽さ・内容のなさに愕然とした。
 有名な文学賞をとる→くだらないエッセイを垂れ流す→有名なのでそれなりに売れる→じゃんじゃん儲かる、という売文家の出世コースを忠実にたどっていたわけだ。それ以来、完全に関心の外に追いやってしまった。

 今回の件で、ひさしぶりに町田康の名前を思い出した。
 布袋寅泰ともども、案外ヤンチャなのね、と、思いました ♪
[PR]

by kobugimori | 2007-07-28 08:26