パッチギ!

 前にも書いたように「パッチギ! LOVE & PEACE」が予想以上に良かったので、その前の「パッチギ!」があらためて気になりだして、見ました、昨日。
 比較するのもナンですけど、ストーリーの盛り上がり方とか、映画としてのまとまりはこっちの方がいいですね。それぞれの物語が、最後の方で、葬式・乱闘・出産・広介のラジオ出演(まだ何かあったかな?)などとして、同時に盛り上がんの。しかも違和感も分かりにくさもない。この演出と編集はすばらしいわ、井筒監督、見直しました。これまで、タモリ倶楽部とかで「ギャラがもらえる酔っぱらいのおっさん」だと思っていましたすいませんでした。
 今回の「LOVE & PEACE」の方が、お金をかけましたという感じはずっとします、特に戦場のシーンなど、大作感というんですかね、すごいです。これも「俺は、君のためにこそ〜」への対抗心でしょうか?

 みなさんもぜひ見てください。
[PR]

by kobugimori | 2007-05-22 01:26