反日のタネ

 ポンチャク関係ではまだ書きたいことがたくさんあるので、これからも少しずつ書いていこうと思いますけど、今日は新聞に気になった記事があったのでそのことについて。
 それは、消費者金融の三和ファイナンスが、違法な取り立てを行なっていたことにより金融庁から業務停止命令を受けた、というものです。
 この会社は、イメージキャラクターが豆みたいな変なヤツで、それを韓国の地下鉄で見かけたとき、サラ金も韓国に進出したのかと思ってなんだかまた反日のタネが増えそうなユーウツな気分になりました。それ以来この会社が気になっていたのです。
 消費者金融による貸し出し金利の上限は、韓国の場合なんと66パーセントにもなるのだそうです。日本では、いわゆるグレーゾーンの上限でも29.2パーセントですから、会社ぐるみで違法行為を奨励するような業者が、韓国の庶民からは日本の2倍以上もの利息をむしり取っているわけです。
 サラ金の他にもう一つ気になるのが、「海物語」というパチンコだかパチスロだかで、これも「바다이야기」として韓国に上陸、いろいろな意味で話題になっています。
 ギャンブルも借金も、韓国人ははまりやすいので、将来が心配です。
d0075839_254525.jpg
 それにしても、ショコタンとか安めぐみとか、韓国では김하늘(キムハヌル)なんかも、かわいいんだからサラ金のコマーシャルに出るのはやめてほしいんだよなあ。
 ついでにもう一つ。テレビをつければサラ金の宣伝、それと関連があるかは知らないけど年間の自殺者が3万人以上、そして無分別に重ねた国の借金が700兆円。この国が「美しい国」になるには、生活保護世帯が世田谷に豪邸を建てるより難しい。そんな虚しい妄想にふけるより、現実をありのままに見て、少しずつでも足元を固めていこうとする地味な作業と謙虚な姿勢こそ「美しい」と私は思うし、サウイフモノニワタシハナリタイ、と、個人的には思います。
 でも金は欲しいな…。
[PR]

by kobugimori | 2007-04-06 01:45